桑田真澄氏ら元プロの指導/西脇市で少年野球教室。

去る2017.1.15 西脇ロータリークラブが一流選手による本物の野球を体感してもらおうと企画し、桑田真澄氏らを含む元プロ野球選手が西脇市に来られました。

 

 

桑田真澄氏と本田明浩氏を含む元プロ野球選手・42年会(絆の会)の方々16名による西脇ロータリークラブ事業で「少年少女野球教室」が、西脇市童子山にある総合市民センターにて開催されました。

 

当初の予定は、黒田庄ふれあいスタジアムでの開催でしたが
何年かぶりの大寒波の大雪のため、西脇市総合市民センターへ場所が変更になりました。

 

 

西脇・多可の少年少女150名が集合

 

 

元プロ野球選手・42年会(絆の会)

42年会(絆の会)は、昭和42年生まれの元プロ野球経験者で構成する団体です。

西脇・多可の少年少女150名の参加

小、中学生150人は、寒さで引き締まる体育館で
投げるフォームのポイントや打撃の指導を受けました。

元プロの42会のみなさんは、各地で野球指導をされています。

もちろん、そこには子供たちを教えるコーチや監督がおられるわけで、
自分達が発する言葉で子供たちが迷わない様に

「君たちの指導者が、話されている事と違う部分もあると思います。」と

一番最初の挨拶でおっしゃられました。

 

体育館内での練習は、大きな動作はできなかったのですが、
絆の会の方々の言葉かけや2時間半の練習は、効率よく密度の濃いものと感じました。

あ~ピントが合ってない。ぶれぶれだあ・・・。

 

個々にアドバイスをもらえる子もいれば、
それを聞いて直そうとしている子もいます。

その場に、大きなおじさんがいるだけでも、なんか嬉しそうです。

 

 

 

大島公一氏は、「こんな時は、何に気をつけたらいいの?」と問いかけ、
たくさんの子供達の声を聞かれていました。

 

 

 

桑田真澄氏と子供たち

桑田氏は、とても静かにお話しをされます。
なので、子供たちは集中して耳をかたむけています。

 

「きたあ・・・」
ちょっと緊張する??

 

 

どんなアドバイスをもらってるのかな?

 

 

いいボールだったんだね。
後ろの子がびっくりしているよ。

 

 

さあ!次は君。

桑田さんの手が、優しく包みこんでいるみたいですね。

 

 

 

ボールの縫い目をみてごらん。

たぶん、そんなお話をされているんでは、ないかな?

 

 

150人の参加でしたので、4~5グループに分かれて

キャッチボール、バッティング、等の練習をします。

 

高学年になると、足のステップのアドバイスがありました。

このグループは、バッティングを見てもらいましたね。

 

バットの角度を教えてもらってるのかな。

 

手先で降ってる

 

こう!

 

桑田氏のピッチングのデモ

音が!! 音がすごいの。

パッシーン~~!!って。

 

構えてるキャッチャーも真剣です。
だって桑田真澄さんのボールですもの。

 

 

カメラが追いつきません。
連写にもしたんですが、私の腕では、無理。

 

 これが精一杯。

 

「パシッ!」
最後の一球は、明らかに音が違いました。

見ていた生徒から「おぅぅ・・・」と、
ため息のような声のあと、拍手がおこりました。

これがプロのピッチングなんだな。。。。あ。

 

 

最後に、「野球を好きであり続けていくことで、プロの道も見えてきます。」とご挨拶され閉会となりました。

 

野球大好きの大人が一時代を築いたプロフェッショナルと
野球大好きなご両親の育てられた、将来の夢でいっぱいの野球好き少年少女たちの野球教室がおわりました。

 

二階席の皆さんにも手を振られて、会場を後にされました。

 

 

 

この貴重な体験は、今後の少年少女の心に新たなプロとの「絆」が育まれたと思います。

支援企業の西脇ロータリー様と少年野球関係者様
寒い中、お疲れ様でした。

 

***************************

桑田真澄 著書

何年か前に桑田真澄氏のインタビューを見てから、氏の指導方法に注目していました。

この度、桑田真澄氏が西脇の少年野球の指導に来られるので、
一冊の本を購入しました。

 

「本、読ませて・・・頂きました・・・
で・・あのその・・サインなど頂けますか。
それから・・・ブログに紹介してもいいですか」

グダグダ、しどろもどろに言ってるんで 桑田さん笑顔なんです。

 

サインの上に「挑戦」

ご本は、今までの野球指導に一石を投じている内容でもあります。
「野球界の常識にダウト」

過去のアマチュア選手時代に受けた経験を信じて、
無茶な量の練習を課す。
勉強や遊ぶ時間のバランスを取らない。
いまだに体罰を容認している。

今は、そんな時代ではないんだ。

試合に勝つための技術論ではない。
野球を好きで始めた子供たちが、どうしたら楽しくプレーし続けれるか。

それを教える指導者。
お父さんコーチに最低限知っておいてほしいことをまとめた本です。

桑田真澄氏より 

 

最後に

最後にまで読んでくださり、ありがとうございます。

今まで、野球少年を幾度かカメラに収めてきた経験から
お手伝いさせていただく事になったのですが
何度、経験しても動きのある被写体を撮るのは、難しいです。
そして、カメラは、楽しいけれど、設定をちゃんと理解していないと
きれいに撮れません。

西脇ロータリー様には、このような機会を頂き
この場を借りてお礼申し上げます。

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。