Windows11裏技50選

Windows 11でPrint Screen (PrtSc)キーが機能しない問題の解決方法:勝手に起動するSnipping Toolの対処法

「Windowsの更新プログラム」により、キーボードのPrint Screen(PrtSc)キーを押すと自動的にSnipping Toolが起動するようになりました。

困った事に、Printキーのスクリーンショットができなくなってしまい、通常つかっていた「Screenpresso(スクリーンプレッソ))」が使えなくなってしまいました。

勝手に「Snipping Tool」 が起動するが「ON」なったようです。

今回は、「Snipping Tool」を無効にする手順について記述しています。

「Snipping Tool」とは

「Snipping Tool」は、Windows Vista以降のOSに標準搭載されているデスクトップのキャプチャーアプリケーションです。

このツールを使用すると、スクリーンショットを撮影するだけでなく、待機時間を指定したり、撮影したスクリーンショットを編集・加工することもできます。

・・・とはいうものの、通常使っっているツールが使えなくなるのは不便です。

「Snipping Tool」をの起動をOFFにしたいと思います。

Windows 11でPrintキーでのSnipping Tool起動を停止する方法

スタートメニューを開く

画面左下のWindowsロゴが表示されているスタートメニューを開きましょう。

デスクトップのタスクバーにある青い四角いアイコンです。

次に「設定」をクリックしアクセシビリティの設定を探してください。

キーボードの設定を開く

設定ウィンドウが表示されたら、様々な項目が表示されます。

「アクセシビリティ」を探してクリック→右にある「キーボード」をクリックしてください。

「キーボード」をクリックしてください。

PrtScキーの割り当てを変更する

「Print Screenキーを使用してSnipping Toolを開く」をオフにしましょう。

アクセシビリティの設定で「Snipping Tool」のオプションを「オフ」にすると解決しました。

これにより、再びPrintキーだけで簡単にスクリーンショットを撮ることができるようになります。

最後に再起動します。

これ忘れずにね。

起きろー!

上記の設定では「オフ」なのに Print Screen キーが使えない状況なら、一旦「オン」にして「オフ」に戻しPCを再起動してみてください。

以上で、Print(PrtSc)キーでSnipping Toolを起動させない方法の手順は完了です!

これでお気に入りの「スクリーンショット」ツールを使えます。

キャプチャソフトのおすすめ「Screenpresso」が簡単で便利

皆さんは、スクリーンキャプチャーツールは何を使用していますか?

以前、私はWindows搭載のペイントを使っていました。

このソフトウェアには便利な塗りつぶし機能もあり、私はまだ時々使用していますが、範囲の選択の編集が難しいという欠点がありました。

そんなとき、「Screenpresso」を教えてもらいました。

これは、範囲の選択の編集がし易いのと「Screenpresso」は非常に使いやすく、驚くほど便利です!

以下のリンクよりダウンロードできます。

Screenpresso(スクリーンプレッソ)新しいバージョンを無料でダウンロードする

あとがき

Windows11更新プログラムは、脆弱(ぜいじゃく)性や不具合などを解消するために提供されるものですが、仕様や使い勝手が変わることがあります。

元に戻す方法を知っていれば安心ですね。

-Windows11裏技50選
-,