Logicool Optionsでファンクションキーを設定/ロジクールキーボード KX800 MX KEYS

キーボードのファンクションキーの設定でワンキー操作で「右クリックやコピぺができるの?」とワクワクしながら進めていきました。

使い慣れたマウスを使うより効率は落ちるかもしれない・・・なんてことを思っておりましたが無用な心配でした。

先にご報告いたします。
買って後悔のないキーボードでした。

Logicool Optionsでファンクションキーを設定する

最初からつまずきました。

「Logicool Options 」のアプリケーションをインストールして、サクッと使えず悶絶しました。

秘亭
秘亭

解決したら、な〜んだと思うくらいでしたけど。

記事に書こうと思わなかったら、途中でギブアップしてました。

マウスをできるだけ使わずキーボードのみでWindowsを操作する方法は、キーボードのショートカットキーで使用できます。

しかし、もっと便利な機能を備えたキーボードですので、設定していきます。

Logicool Optionsでファンクションキーを設定すると「ワンキー操作だけでコピぺができる!!」

【Logicool Options】

Logicool Optionsは、Logicool製のマウスやキーボド等の機能をアップし、カスタマイズすることができるアプリケーションです。

一例をあげますと…

アプリ別にF(ファンクション)キーをカスタマイズできたり、デバイスのバッテリー残量が低下した時や、ロックキーが押されたときの通知、また「Num Lock」や「Caps Lock」等を無効に設定することも可能です。

「Caps Lock」は、日本語と英数の切り替えに使うので、「Num Lock」のみ無効にしました。

Logicool Optionsをダウンロード

Logicool サポートページよりLogicool Optionsファイルをダウンロードします。

※ インストールについては、割愛致しますが、一つ注意するところをお知らせします。

たいていのアプリケーションは、インストールしてポチポチするだけで困りません。
これは予想を裏切って、使えるまで時間かかりました。

ここで!! ↓

普通「はい、分析データを共有します」だと思いません?

ここは「いいえ」をポチってください!

そのあと、認識しないなどの不具合が出たら、一度アプリケーションをアンインストールしてから再度チャレンジしてみてください。

MX KeysのLogicool Options設定

MX KeysはLogicool製のキーボードの中でもハイエンドモデルとなります。

Logicool Optionsにも対応しています。

MX KeysのLogicool Optionsで出来ることは以下の通りとなります。

【Logicool Options】MX Keys

  1. ファンクションキーのカスタマイズ
  2. 通知・ステータスの確認
  3. Easy-Switchステータスの確認
  4. DuoLink
  5. Logicool Flow

デフォルトの設定について

デフォルトでは標準のファンクションキー設定にはなっていません。

ディスプレイの輝度やタスクビューやメディアコントロール等が割り当てられています。

標準のファンクションキー設定にしたい場合

■ 標準のファンクションキー設定で使用する場合は、

□ 標準のファンクションキーとしてF1~F12を使用にチェックを入れます。

『fn』キーと同時押ししなくても、標準のファンクションキーの機能を使用することが可能となります。

F1輝度を下げる
F2輝度を上げる
F3タスクビュー
F4アクションセンター
F5デスクトップ
F6バックライトを暗くする
F7バックライトを明るくする
F8前のトラック
F9再生/一時停止
F10次のトラック
F11ミュート
F12ボリュームダウン
ボリュームアップボリュームアップ

F1~F12キーをカスタマイズ

■ カスタマイズの機能はF1~F12の12キーと、ボリュームアップキーに以下のタスクを自由割り当てることができます。

1.マイホーム34.モディファイアキー
2.アプリケーションの起動35.やり直す
3.[スタート]メニュー36.ロック
4.Cortana37.中央ボタン
5.Media player38.停止
6.Webページを開く39.元に戻す
7.Windows 設定40.入力言語
8.アクション センター41.再生/一時停止
9.アプリケーションを切り替える42.切り取り
10.ウィンドウを最大化43.前のトラック
11.ウィンドウを最小化44.前のトラック/巻き戻し
12.キーストロークの割り当て45.右クリック
13.このPC46.右スクロール
14.コピー47.左クリック
15.サインアウト48.左スクロール
16.シャットダウン49.戻る
17.ズームをリセット50.拡大
18.スリープ51.新しいデスクトップ
19.タスクビュー52.新しいブラウザダブ
20.ダブルクリック53.検索
21.デスクトップ(前へ)54.次のトラック
22.デスクトップ(次へ)55.次のトラック/早送り
23.デスクトップの表示56.画面を切り替える
24.デスクトップをクローズ57.縮小
25.デバイス58.貼り付け
26.ドキュメント59.進む
27.ピクチャ60.電卓
28.ビデオ61.電子メール
29.ファイルを開く62.音楽
30.フォルダを開く63.高度なクリック
31.ボリュームアップ64.なし
32.ボリュームダウン
33.ミュート

■ テンキー上部に位置する4つのキーには左から順番に『電卓』『画像のキャプチャ』『アプリケーションメニュー』『ロック』が割り当てられています。

こちらの4キー(合計17キー)も任意のタスクを割り当てることができます。

Logicool Optionsカスタマイズの方法

このカスタマイズ方法がなかなか分からず苦労しました。

Logicool Optionsファイルをダウンロード して準備が整ったら、下記の画面になります。

上層のキー部をポチポチしてみてください。

輝度を下げる 、 輝度を げる、タスクビュー・・・・と表示されます。
標準のファンクションキーとして使うのであれば


□ 標準のファンクションキーとしてF1~F12を使用にチェックを入れます。

■ カスタマイズして使う:指定したい「Fキー」を少し長押し「増加」をプルダウンしてください。

ツラツラ・・とカスタマイズ機能が出てきます。

キーストロークの割当

■ さてここからが本題です。

タスクの『12.キーストロークの割り当て』が素晴らしい機能です。

「入力キーストローク」
(キー押しの組み合わせ)にショートコードを入れます。
・F1 に 「Ctrl」+「C」 コピー

・F2 に 「Ctrl」+「x」 切り取り

・F3 に 「Ctrl」+「v」  貼り付け

プログラマーが設定されるのであれば
単語やコードの先頭にカソールをジャンプさせたい場合があると思います。
そんな時、単語の先頭にカソールを移動させる[Ctrl]+[→][Ctrl]+[←]のショートカットをファンクションキー等に割り当てることができます。

Print Screen(プリントスクリーン)

[Print Screen] キー ([Prt Sc] キー) は、キーボードの右上に位置しています。

私的に端の方すぎる。

右手にマウス。必然的に左手でポチッとするわけですし。

遠いやろ~~!

あとがき

せっかくの素晴らしいアプリケーションなのに、公式の使い方のデモが中途半端。

ハード面の製品が良いので、もう少し誰でもわかるようなマニュアルとか、指示書みたいなのがあった方が良いと思いました。

本日はココまでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください