薄型キーボードにちょうどいい「リストレスト」/ロジクールMX10PR

薄型キーボードにちょうどいい薄型リストレストがあいました。

キーボードは仕事道具です。

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボードKX800 MX KEYは、打鍵感がハンパなく気持ち良いキーボードです。

そして、薄型キーボードには薄いリストレストがとても合いました。

薄型キーボードにちょうどいい「リストレスト」/ロジクールMX10PR

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボードKX800 MX KEYは、打鍵感がハンパなく気持ち良いキーボードです。

このキーボードに合わせてリストレスト(パームレスト)を使っています。

ちょっとした小物ですが、あると無いとでは大違いです。

手首の保護や疲労を減らすためにリストレスト(パームレスト)は使うべきでしょう。

ノートパソコンを使う方にもおすすめです。

ほんの少しの手首の傾きでも、長時間の作業ではかなり手首に負担がかかています。

リストレスト レビュー

キーボードには合うリストレストを使うべきです。

前に購入したパームレスト2つは安物買いの銭失いとなりました。遠回りするくらいなら最初からこれを買った方がいいです。

専用なので当たり前かも知れませんが、こんなに打ちやすくなるとは思っていませんでした。
嬉しい誤算です。

薄いですが、素材がやや高反発なクッションなので、沈みすぎてしまうことはなくちょうどよい弾力性です。

高いけれど理由があるキーボード

PC用キーボードは、安価な製品なら1000円以下で購入できます。しかし高価な製品になると3万円近くするものもあります。

数ヶ月前、初めて高価クラスのキーボードを使って「目からウロコ」でした。

キーボードもマウスも安物もあり、充分機能します。

けれど毎日、しかも長時間使う物なので、これは自分への投資だと思っています。

薄型のキーボードの多くはパンタグラフという方式を採用しており、キーストロークが浅いため、軽めのキータッチを好む方に人気があります。

高いキーボードの理由

▪️ 打刻感が違う

高価なキーボードは、キーをたたき込んだときにキーボードが移動しません。

わずかな振動や衝撃を抑えるためにキーボード基板の下に極厚の鉄板が組み込まれていることが多いのです。

そのため、高価なキーボードは重い製品が多いです。

たしかに、KX800 MX KEYSはズッシリとくる重さです。

あとがき

キーボードもマウスも安物もあり、充分機能しますけれど毎日、しかも長時間使う物なので、これは自分への投資です。

リストレストも有ると無いとでは、大きく違ってきます。

ぜひ!キーボードの高さに合うリストレストを使ってみてください。

目から鱗が落ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください