にんじんしりしり/栗原はるみレシピ

畑のにんじんがたくさんできた時、にんじんの大量消費に役立つ「しりしり」

常備菜や弁当のおかずとしても重宝するメニューです 。

お正月はごちそう続き。
箸休めによい一品だと思います。

栗原はるみさんのレシピをご紹介している「 ゆとりの空間のレシピページ 」 アクセスの多かった人気レシピです。

https://www.yutori.co.jp/

私が主人に作る毎日のお弁当に欠かせない
「にんじんのしりしり」をプロに習いました。

材料はたったの3つ

材料は、にんじん 卵 シーチキン

栗原はるみさんの伝授ポイント

「しりしり」とはせん切りという意味の沖縄方言で、元々は沖縄の郷土料理。彩りもよく、手軽に作れることから、最近ではおべんとうのおかずや常備菜としても定番です。
卵に塩をあわせておくと、全体の味がしっかりとなじみます。
にんじんを炒めすぎないのもポイント。

栗原はるみレシピ

にんじんしりしりのもっとも時間がかかることといえば

https://www.himetei.com/wp-content/uploads/2019/10/5D29B7F4-E236-43EE-A1A6-2A8320DB1EE7-e1570970484725.jpeg

千切りですよね。

下ごしらえで簡単に終わらせておくには、スライサーを使うとよいです。千切り用スライサーで十分に事足りるのですが、
にんじんしりしり用スライサー「しりしり器」があるともっと便利。

作り方はチョー簡単!

にんじんを強火でサッと炒める。
しんなりしてきたら、油をきったシーチキンを加えて炒めあわせる。

卵に酒、塩を加えて全体をさっと混ぜ、卵に火が通るまで炒める。

3分で出来ました。

お弁当は1分で出来る「にんじんしりしり」

お弁当に入れる「にんじんしりしり」は、手間をかけません。

千切りしたにんじんを耐熱容器へ入れ、 卵を割り入れ、よく混ぜる ラップをかけて約1分加熱する。

私は固めのしりしりが好きなので、1分ほどレンジで「チン」して
出汁醤油とゴマを混ぜて出来上がりです。

すりごまを入れるとコクがあるのでオススメです。

あとがき

毎日のお弁当に必ず入る「にんじんしりしり」
彩もよくなって重宝する一品です。

今年は、丹波の黒豆がたんと作ってくれたので

お弁当の常備品に加わりますよ。

人生に必要なもの、それは…。

幸せレシピではないかと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください