恐怖のメッセージ「「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」を復旧する

恐怖のメッセージを呼んでしまいました。

ファイルまたはディレクトリが壊れている

「アクセスできません」

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」

データをまとめているHDDから 予備のHDDにファイルをコピー中に電源が落ちました。
エラーのメッセージがでて、アクセスすらできなくなりました。

クライアントの登録情報は、別の所に保存しているのと
だいたいの画像は、「Googleフォト」にアップしていたので、
あきらめる方向でいましたが・・・・ある写真集が消えていることに気が付き
ダメ元で色々調べ、チャレンジャーしました。

 

結果・・・・復活しました。「イェイ!!」

イェイ

非常にうれしいかったので、ご報告がてら試した事を記しておきます。

 

 

 

 外付けHDDのデータ損失及びその復元方法 チャレンジその1

「外付けハードディスク、復活、フリーソフト」で検索したところ、
下記のページにたどり着きました。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

外付けHDDのデータ損失及びその復元方法

■ ↑ ソフトをダウンロードして試みました。

 

 

 

試す前は、HDDのファイルにアクセスもできなかったのですが、
説明通りにHDDの位置を示すと インストール何やら中身を探しています。
すると、ファイルが表示されました。
外付けHDD用のデータ復元ソフトを使ってデータを回復

データーファイルが多かったので、1時間くらい待ちました。
「復活」の文字に一瞬心躍りましたが 
「データーを見つけたんだけど、復活させたいならソフトを買ってね」

・・・というメッセージ。
8800円くらいでした。
何が何でも困っていたら、ここで注文していました。

ダメ元でチャレンジしているので、別の方法を探すことにしました。

 

※ 業者にお願いすれば3~5万円くらいってとこかな?
  内容によっては、もう少しいる??

 

 

 

 

外付けHDDのデータ損失及びその復元方法 チャレンジその2

 

次にたどり着いたのが
■①「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」の概要 

http://www.orange-ss.com/column/0075.html

 


そして、もう一つ参考にしたのは、
■② Microsoft Windows server

「コマンド ラインでチェック ディスクを実行してエラーを検出し修復する」

コマンド

https://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/ff603646.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396

 

 

 

 「chkdsk」コマンドの入力で復活に挑戦

コマンドプロンプトを起動させ、「 chkdsk  *: /f 」を入力。
「入力エラー」「入力エラー」・・・・しばし悶絶。

 chkdsk  *: /f  「*」にドライブを入れる

ここでの作業では修復するドライブKであれば「 chkdsk  k: /f」と入れます。

何度も入力エラーになった原因は、そもそも「f」の意味がわかっていないためでした。
(ま・・・すべてにおいて無知なんですけどね ( 一一)

 

 

 

■「Microsoft Windows server」でチェック ディスクのオプションとスイッチを調べる。
 私はHDDを 「g」に接続していたので

 「 chkdsk g: /f」 と入力 
 ※半角に注意

 

すると・・・動き出しました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

お!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ドキドキ 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ドキドキドキドキドキ

%e7%84%a1%e9%a1%8c

お~!きたあ!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

終わったようなので、閉じてみました。
「G」のHDDをクリックすると、ファイルが見えました。

どきどき

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

ファイルをクリックすると「このフォルダーにアクセスする許可がありません」
[続行]をクリックすると、このフォルダーへの永続的なアクセスを取得します。

「続行」をクリック

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

ファイルの中の画像がでてきました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

やれやれ。

 

 

 

ソフトで復活させる方法

 

念のため、パワーユーザー必須ソフトをご紹介します。

https://jp.easeus.com/data-recovery-software/

 

 

 

教 訓

■  ハードディスクを扱うときは、電源の確保をしよう。
■  壊したあと、操作せずに本ソフトを使いましょう。
(わたしのようなチャレンジは、危険です!)

■ 復活したら、新しいハードディスクにコピーしておきましょう。 

以上 根気がついた秘亭でした。 m(__)m

 持ち運びに便利 うすい外付けハードディスク&携帯便利 ポータブルHDDケース
Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です