変更できたThunderbird のメールのフォントとサイズ

サンダーバードのメール作成・編集はデフォルトでは使いにくいと思います。

「HTML」形式だからでしょうか?

しかし、ちょっとした設定で快適になりました。

読みやすいフォントを設定したとしても、相手側に反映されるわけではありません。

気に入ったフォントで、送信画面を書きたい時は設定しておきましょう。

Thunderbird のメールのフォントとサイズ変更

 

フォントが統一しない

■ 送信画面のデフォルトは、「段落‹P≻」  「プロポーショナル」となっていています。

 

ところが、これが曲者で、便利そうに見えて使いづらいのです。

■ 普通の文字サイズにするには「整形済」‹pre› を選択すると良いです。

 

 

秘 亭
ね♪ 

 

業務連絡のみに使うメールの場合、いちいち設定するのが面倒です。

色々探った結果、使いやすい送信表示は「テキスト」にするよいという結果にたどり着きました。

 

フォントとサイズを整えましょう。

表示オプションで変更できます。

色々な設定表示の方法がありますが みなさんがよく見ている画面から説明していきますね。

メールを書く画面を開いて下さい。

■ ツール → オプション を開いてください。

 

■ こんな画面が出てきます。→「表示」「詳細設定」をクリックしてください。

 

 

■ フォントと文字エンコーディングでフォントを設定できます。

 

 

■ ここで統一すると良いですね。

 

■ こんな感じで落ち着きました。

 

表示はテキスト形式にしよう

表示をHTMLではなく、テキストにする事で解決しました。

 

■ Thunderbirdに登録されているメールをクリックします。

 

 

 

 

 

 

■「編集とアドレス入力」➡︎ HTML のチェックを外す。

 

 

 

 

■ メール編集画面をみてみましょう。

 

こんなかんじでシンプルです。

 

 ここで一つ問題発生

HTMLのチェックを外しても「テキスト」にならないメールがありました。

 

サンダーバードで登録しているアカウントの全てをテキストに変更すると、

大丈夫のようです。

 

あとがき

フォントを設定するときに注意したいこととして、こちら側で設定したフォントは、相手側で必ず反映されるということはないということがあります。

そのため、こちらで読みやすいフォントを設定したとしても、相手側に反映されるわけではないことをまず覚えておきましょう。

 

それでも、しっくりこないフォントで書きたくない時に参考にしてください。

メールの文章にこだわりを

thunderbirdを使いこなそう

 

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください