Gmail送信後30秒までならメールを取り消しができます。

無題

 

米Googleは6月22日(現地時間)、デスクトップ版Gmailの正式機能として、「メール送信の取り消し」を追加した。送信ボタンを押してから最長30秒の間、メールの送信を取り消せる。

というニュースが入ってきました。

 

Gmail送信後30秒までならメールを取り消しができます。

送信する前に見直しますが、「て、に、を、は」のおかしなところを後から見つけたりするものです。先日も送信した後に追記したいことがあったのですが事遅し。

IMG_2193

 

設定方法

Gmailの右上にある歯車アイコン→[設定]をクリック

無題設定をクリック

無題

 

「送信取り消し」の「送信取り消し機能を有効にする」のチェックを入れます。

無題

 

「取り消せる時間」を選びます。

設定したら、ページ最下行にある「変更を保存」をクリックします。

無題

 

試してみましょう

無題

 

送信を押すと上に ↓ 「取消 メッセージを表示」と出ますので「取消」をクリックします。

無題

 

「取消」押すと 「読み込み中」「送信を取り消しました」と表記が出ますが
0.7秒くらいなので「え?どうなの」と心配になりますが大丈夫でした。(確認しました)

無題

 

感  想

間違えてメールを送ってしまった!というときに便利な「送信取り消し」機能。まだ使っていない人のためにご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »