YouTubeで公開済みの動画をカットする方法/最新

アップロードした動画を前後切り取りたい時の修正法を記しておきます。
(※ 1年半前の編集方法と変更されているので、画像も入れ替えて書き直しました。)

 

二年前に、自分だけの楽しみのつもりで子供が中学生の時に参加したコンクールの動画をアップしていました。気になるところは、あったのですが まあそんなにアクセスないだろう・・・と思っていたんです。気が付けば1万回アクセスを超えているので、調整することにしました。

 

このときの課題曲の中から選んだ曲は、クロード・アシル・ドビュッシーベルガマスク組曲』の「パスピエ」

けっこう難曲です。

 公開したくない部分

小さい頃より「舞台に一歩あがった時から審査が始まる。」と教えられているので、
いつもならば、このように回り込み椅子の高さを調整。
(中学二年時)

舞台コンクール

 

ところが この年に限って「あれ~!あかんやん。」
椅子の調整をしている時に 客席におしりを向けてしまっている。
(中学三年時)
舞台コンクール

 

 

 動画の不要な部分を削除

動画の最初の部分を削除したいと思います。

 

編集の仕方

https://www.youtube.com/ 
自分のアカウントにログインします。

 

動画の下にある「動画加工ツール」をクリックします。

YouTube編集

 

 

◆ スローモーションで動画を見るとカットするタイミングの時間を見つける。

 

YouTube編集

 

この度は、アクセスがあるので 上書きをします。
「カット」→ カットしたいところで「分割」をクリック → 「削除」→「完了」→「保存」

 

※ 上の工程に削除が抜けていました。

YouTube編集

 

YouTube編集

 

YouTube編集

 

YouTube編集

 

必ず「完了」をクリックして「保存」をクリックしましょう。
つい「完了」だけみて右上の「保存」を見逃すんです・・・・・。

できました。(=^・^=)

 

 

 

途中、大きなミスがありましたが、止まらず弾けました。

時間の芸術は、まずは止まらないこと。

緊張で、どんなにボロボロな演奏になっても止まらない事が大事です。

 

 

ドビュッシーベルガマスク組曲』の「パスピエ」

 

ドビュッシー

 

 

4つの組曲からなるベルがマスク組曲より~

課題曲は、第4曲 の「パスピエ」 嬰ヘ短調、Allegretto ma non troppo、4分の4拍子。
終曲であり、再びバロック舞曲によっている。パスピエは一般に4分の3拍子だが、この曲は4分の4拍子である。こちらも当初のタイトルは「パヴァーヌ(Pavane)」となっており、パスピエでありながら4分の4拍子であるのはこの名残である。 ベルガマスク組曲 より

 

 

 舞台に上がった時に学ぶ事

ピティナピアノコンクールや兵庫県学生ピアノコンクールの課題曲は、3月の初めに発表され、

子供たちは、それに向かいます。

低学年であればあるほど親も 一生懸命な期間となります。

各地での予選会は、早いところでは、7月上旬から始まります。

今は、本選も終盤になっている頃でしょうね。

 

競う為の運動であれば試合、芸術であればコンクールに向けての厳しい練習を見て

外野から「可哀想!」と言い練習のモチベーションを下げる人もいました。

 

しかし、

テニスの試合であれピアノの発表の場であれ、

自分一人で解決しなければいけない時間は、子供の成長期において無駄な事はない思っています。

誰も手を貸してやれない場を与え、経験を増やしてやれた事は

子供への大きなプレゼントであり、大切な親の仕事だ。。。と

振り返って思います。

 

もちろん、舞台で披露出来るまでの

演奏を根気強く、指導してくださったピアニスト 大竹道哉先生には、感謝しかありません♪

。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。.

 

 

 

 

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です