大人の文章術 /人を動かす言葉の力は書く順番で9割決まる

ブログを書くようになって、書いている内容が伝わっているのか?と考えるようになりました。

独りよがりの内容になっていないか?
これは、私自身が気をつけたい一番の課題であります。

 

大人の文章術

image

著者は、吉田裕子さん 著書

 

目次:抜粋

第1部 基本編

1章:人を動かす言葉の力は書く順番で9割決まる!

・3ステップで説得力のある文章が書ける
・ドラマチックに伝える起承転結法
・導入で惹き付けるテクニック
・新聞に学ぶ明快な文章術
・接続語を使いこなそう
・しかしを多用しないでスッキリ文に
・ちょうどよい文章量にする方法

2章:品格ある文章術

・身分相応の文章の使い方
・漢字を使いすぎない
・「てにを」をマスターしよう
・文章が生き返る 句読点や記号使い  等々

 

 

 

大人の文章術

 

 

この本の特徴

悪い例をあげて「こうするといいですよ」と良い例のお手本が書いてあること。
こういう本を読むと「別に難しい言葉を使って書く必要ない」と気が楽になります。
評論家じゃないんだから(笑)

文章で大事なのは、ツカミです。
書店で最初の3行を読んで退屈だと思えば、読者は本を本棚に戻してしまいます。
ブログも同じ。

・導入が大事
・読者に考えさせる
・意外な事実を知らせる
・挑発的な言葉をつきつける

と書かれています。

フェイスブックの書き方にもアクセス数アップの秘策や
世間の目に触れることを意識して投稿する「心構え」などのアドバイスもちょこっと書かれています。

 

感 想

ちょっとした例が欲しいという時に、手元にあると非常に便利な本です。

127頁の薄い本なのでさくっと読めます。

読んだ後は、「へー」と思います。

一度読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です