Excelを使ってアイキャッチ画像をつくる

SNSの拡散を視覚にうったえるという事は、とても重要な要素だと思います。

私自身、よっぽど興味のある記事でないがきり、
文字の羅列するブログは、スルーします。

 

アイキャッチ以外にも、文章の中間部につかえそうな
文字のところに「帯」をいれた画像の作り方をExcelで紹介します。

 

 

Excelでバナー画像を作る

画像にそのまま文字を挿入しても、バックの写真にうずもれてしまいがちです。

ならば、「帯を付ける工夫」をすると良いのです。
Excelは、表計算ソフトですが画像も作れるんです。

使うソフトは、Excelとペイントの2つ。

 

 

作成スタート

 

Excelに図を入れる

■ 元になる写真や画像を用意します。

 

■ Excelの画面を開きます。
  スタート → Excel を選択 → 空白のブックを選択 

 

 

 

■ 使う画像を挿入します。
    Excelの画面を開いて、「挿入」「図」をクリック。

■ 画像を選択して挿入(S)をクリック

 

■画像に入れる形を選びます。
 巻紙が面白そうなので選択「挿入」 → 「図形」 

 

 

■ 図形をクリックしてから、画像の上でクリックしてビヨヨ~んと伸ばします。

 

 塗りつぶしの色を選びます。

 

 

■ さて、これで図形が入りましたね。
  枠線の色を整えてましょう。

 「書式」 → 「図形の枠線」

 

※ もし、図形を長方形を選ばれた場合は、「枠線」がない方がよいので
  「線なし」のところをクリックして下さいね。

 

■ 次は、このオレンジの図形のままだと、せっかくのバックのハイビスカスが見えませんので「図形の透明化」をします。

 

図を透明化させる

■ 画像の上で右クリックします。 
 「図の書式設定」 → 「塗りつぶし」をクリックすると・・・

 

 

 

■ 背景の画像をジャマしない色を選びましょう。
  同系色を使うと無難です。

 

 

文字を入れて整えます。

■ タイトルや文字の位置のバランスを考えます。

  ここが一番大事♪

 

 

 

■ Ctrlキーを押しながら「ハイビスカスの写真、オレンジの巻紙、文字を全てクリックします。
 すると、それぞれに 「〇_〇_〇_〇」で選択されます。

 

 

■ 全てを選択した状態にして右クリック「グループ化」→「グループ化」を選びます。

 

 

■ グループ化できたら  → 右クリック「コピー」しましょう。

 

 ペイントに貼り付けます

ペイント

 

■ ペイントを立ち上げて、貼り付けをクリックすると「グループ化」された画像が出てきます。

 

■ 最後に「ファイル」→名前を付けて保存 

 

 

※ 注意するところ

 

アイキャッチにアップロード

 

■ 保存した画像をアイキャッチに選択します。

キナミン一押しメニュー/ビューティーライザー90分お試し¥5400

 

こちらのお店のWordpressのテーマは、アイキャッチが大きすぎるので
CSSをさわっています。
そのせいか?シェアすると、フェイスブックのアイキャッチに
ヘッダー画像が選択されてしまうようです。

※ 調べ中

 

どんな画像が好まれる?

 

せっかく投稿するのですから、たくさんの方に読んでほしいですよね。

ブログの投稿、Facebookなどの投稿でも文字だけの記事よりも、アイキャッチ画像をつける方が
より見てもらえる確率は格段に上がります。

 

特に、きれいなお姉さん、動物、赤ちゃんなどはクリック率が上がるといわれているそうですよ。

皆さん、きれいなお姉さん大好きですものね ♪

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。