iPhone 7 Plusデュアルカメラで背景をぼかす

iPhoneで撮った写真もデジカメや一眼レフで撮った写真のように「背景ぼかし」したいのなら、

デュアルカメラの「ポートレートモード」を使ってみましょう。

iPhone 7 Plusデュアルカメラで背景をぼかす

「ポートレートモード」は、被写体とバックに距離を開けると背景をきれいにぼかしつつ、被写体を際立たせた写真を撮影できる機能があります。

iPhoneカメラで簡単に背景をぼかす

デュアルカメラの「ポートレート」

デュアルカメラ「ポートレートモード」はiPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X に搭載されています。

iPhone 7 Plusのデュアルレンズを駆使した目玉機能の一つが「ポートレート」です。

発売当初は未搭載でしたが、iOS10.1からベータ機能として利用可能になっています。

スマホのカメラでは撮影できない一眼レフカメラのように背景のボケた写真を、画像処理によって実現しています。

「ポートレートモード」は、プロっぽい写真を一瞬で設定してくれる便利機能です。

写真を綺麗に撮影するテクニック

ポートレートの被写界深度エフェクトがスゴイ!

■ ポートレートカメラを起動すると、カメラは自動的に望遠側に切り替わります。

iPhoneカメラで簡単に背景をぼかす

■ 「被写界深度エフェクト」と表示されるので、イイ感じに背景がぼけたらOK。

■ 被写体との距離が近いと「離れてください」と表示が出ます。

一度、この表示が出ると離れても、うまく起動しなくて背景がぼけてくれません。

■ そんな時は、隣の「写真」とか「スクエア」にスライドしてから
被写体との距離を離れてから「ポートレート」に合わせてください。

iPhoneカメラで簡単に背景をぼかす

■ 上手くいかない時は、上の作業を何回か繰り返すと良いデス。

少し話それますが、「スクエア」って何のこと?だと思いました。

簡単に言えばInstagram、インスタにアップするときに適した正方形で撮れるんですって。

背景ぼかすポイントは、バックとの距離

■ 背景ぼかすポイントは、バックの距離が重要です。

一眼レフで背景をぼかす時もiPhoneで撮影するときも同じです。

この位離れていると・・・。

iPhoneカメラで簡単に背景をぼかす

こんな感じ ↓

iPhoneカメラで簡単に背景をぼかす

 もちろん、被写体とカメラの距離も良いくらいに離れてくださいね。

余談ですが、私の物撮りするときは、ピアノのカバーがシャレているのと、窓からの光がいい塩梅なので、ここで撮影することが多いです。

背景がぼけていると、見せたくないバックもうまくごまかせます。

あとがき

ポートレート機能は、手前に被写体があって、 更に奥行きがある程度あると上手く撮れますよ。

そして、背景はただの壁などではなく立体感があり、色味があれば尚の事よろしいかと思います。

※ ポートレート機能はiPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X のみに搭載されていますのでご注意を。

加工アプリに頼らずに、自分できちんと綺麗な写真を撮影したいですよね。

初心者でも、いくつかのコツを理解すれば簡単に美しい写真が撮れるようになります。

インスタ等でいいなあ・・・と思う写真を眺めているだけでも
構図が頭に入ってくるので、「きれいなセンスの良い」写真が取れてくると思いますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください