カメラ初心者こそストロボを持とう!!Nikon フラッシュ スピードライト SB-700

フラッシュは、大きく分けて、内臓フラッシュと外部フラッシュがあります。

外部フラッシュを「ストロボ」と呼んでいますが
ストロボは商標なので、厳密に言うとストロボ社製のフラッシュを「ストロボ」ということですね。

商標なので他メーカーはストロボと言う言葉は使わず、スピードライトとも呼んでいたりフラッシュと呼んだりしているようです。

秘 亭
カメラ初心者の方こそ、フラッシュライトの購入を 是非ぜひご検討してください。

露出や絞りとかやISOとか心配しなくていいですよ。

もうね!え~~!!!という感動がありますよ。

 

カメラ初心者こそストロボを持とう!!Nikon フラッシュ スピードライト SB-700

 

まずは、フラッシュライトを使って撮影した写真と比較してみましょう。

《フラッシュライトを付けないとき》

 

《フラッシュライトを付けたとき》

 

室内の撮影においては絶大な力を発揮します。

そしてなにより超お手軽なのです。

カメラの上に取り付けてピカピカっと光らせるだけなので非常にカンタンです。

 

操作に慣れれば、確実にワンランクアップの撮影が可能になります。

 

商品のご案内

ソフトケースが付いているので、ありがたいですね。

 

 

ちょっと苦労したこと

PCまなぶ先生
電池を入れ忘れないようにね。
 
 
先生から聞いていなければ、忘れるところでした。
 
電池を入れる時・・・なかなか開かなくて困りました。
 
 

押しながらずらすと、開きました。
 
 
 
 
 

 

あとがき

今まで私は、さほど暗いところで撮影することがなかったのと
緊急に室内で撮るときは、ミラースで対応していたのでさほど困らなかったのです。

ところが、先日ドラフト会議の発表の撮影では、持っててよかったと思いました。

だって・・・プロの横で激写するには、やはり見栄えも気にしますからね。

 

 

 

ここで ↓その時の瞬間を狙ってましたのです。

 

観客の中にいたお友達が

 

近所の綺麗な人
どこかの女性記者だと思ってた (笑)
って。

 

えへへ

見栄え以上に、ストロボの重要性を感じた一日でした。

 

 

 

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください