Windows 11にアップデートする前の心得

Microsoftは、新OS「Windows 11」の提供を10月5日に開始することを発表しました。

2022年前半にかけて、順次アップグレードに関する通知が届く予定です。

それにともない大事なこと、以下の2つをご案内いたします。

◼アップグレードする場合

秘亭
秘亭

自分が今使っているWindows10パソコンが
Windows11にアップグレードできるか簡単に確認できる方法を知っておきましょう。

◼ダウングレードの必要性

秘亭
秘亭

インストールしているソフトとの相性もあるので、ダウングレードする方法を前もって、頭にいれておくと安心です。

Windows 11にアップデートする前の心得

Windows 11にアップデート可能かを確認する

Windows 11の提供が開始されると、既存のWindows 10も無償でWindows 11へアップグレード(アップデート)が行えるようになります。

ただし、全てのPCが対象ではなく、Windows 11が実行できる「システムの最低要件」を満たしている必要があるのです。

システム要件を満たしているかを手軽にチェック

PC 正常性チェック アプリのダウンロード

Windows 11のシステム要件を満たしていない場合

Windows11にアップデートできないパソコンは、この表示になります。

私の使っている「ノートパソコン」はダメなようです。
なんでだろ?

これが満たしてないから?

Windows のCPUが条件満たしてないってこと?

Windows のプロセッサの要件 | Microsoft Docs

Windows 11のシステム要件を満たしている 場合

Windows 11のシステム要件を満たしているパソコンで[すべての結果を表示]をクリックすると、このように表示されます。

自宅のデスクトップは、インストールできるようです。

■ 「今すぐチェック」をクリック

■ インストール可能なPCであれば、上記の表示が出てきます。

Windows10がサポート終了迄に新しいパソコンが必要か?

Windows10がサポート終了迄に新しいパソコンをご用意しないといけないのでしょうか?

今までのOS、Windows 7やWindows 8.1には、サポート終了期間が設定されていましたが、Windows 10は継続的にサービスとサポートが提供される「モダン ライフサイクル ポリシー」という新しい考え方が採用されています。

つまり、Windows 10を使う権利を持ち、さらにWindows 10を常に最新のバージョンに保つことによってサポート期間が継続(延長)されるのです。

◼️ 詳しくはマイクロソフト社のページをご覧ください。

マイクロソフト社

モダン ライフサイクル ポリシーに関する FAQ

あとがき

システム要件に満たない場合、2021年は買い換えのよいタイミングとなりそうです。

Windows 11に対応していないパソコンでも、Windows 10は引き続き利用できます。Windows 10のサポート期間は2025年10月まで続くため、当面は心配ありません。

Windows11アップグレードとクリーンインストールの違い

Windows10からWindows11にグレードアップしたい時、「Windows11インストール」と検索すると、クリーンインストールの方法がたくさんヒットします。

Windows10の情報を引き継ぎたいのに、クリーンインストールしては、ダメですよ。

◼ダウングレードの必要性

続く…

執筆中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください