自分に投資!ロジクール キーボード KX800 MX KEYS良かったところレビュー

人生を豊かにするために、色々と投資をしています。

今回の記事は、自分のPC環境には「ある程度」こだわりたい 私のパソコン用キーボードのお話です。

テンキー付きのフルキーボードです。
文字入力はもちろん、Fキーからpage up/down、数字入力まですべてのキーが揃っています。 

標準的なタイプ。

打刻にストレスのないキーボードだと思います。

このキーボードにしてから、ミスタッチが少なくなりました。
大量に文字打ちされるライターさんやブログ執筆されてる方には、ぜひおすすめです。

ロジクール キーボード KX800 MX KEYS良かったところ


Windowsだけでなく、Macでの使用も見越したキートップの印字になっています。

キーボードの印字のフォントが美しいです。。

名称MX Keys
型番KX800
サイズ高さ131.63 x 幅430.2 x 奥行き20.5mm
重量810g
キー方式パンタグラフ
キーレイアウト113キー日本語レイアウト
キーピッチ19mm
キーストローク1.8mm
押下圧60±20g
接続USB / Bluetooth / Uniflying
ペアリング台数最大3台
ポートUSB-C
その他機能バックライト / 近接センサー / 周辺光センサー / East-switch

ブログ執筆のサブにiPadを使っています。
キーボード難なく反応してくれるので嬉しいですね。

スマートイルミネーション」も搭載

MX KEYSには、手を感知して周辺光に応じた明るさで点灯するバックライト機能「スマートイルミネーション」も搭載されています。

ライトOFF
ライトON

暗めの場所で打つには便利です。
バックライトオンでは最長10日、バックライトオフでは約5カ月とバッテリーのもちが違うようです。

USB Type-Cケーブルをさしているとすぐに充電できるので、私はライトONにして使っています。
このライトのおかげで、静かな暗がりの部屋でポチポチ記事を打ち込むと落ち着くときがあります。

そんなとき、良いです。

秘亭
秘亭

キーボードを触っていないと、ライトがオフになります。
触れたときに「パッ」明るくなって愛おしい感じがしました♫

⭐️

このタイプのキーボードで「ロジクール イルミネート キーボード K740  」を最後の最後まで迷ったのです。

迷いすぎて訳かからなくなったので、師匠の指示を仰ぎKX800 MXに決めました。

「価格ではなく、価値で決める」

使ってみてガテンしました。

薄くて“重くて”使いやすいキーボード ロジクール「MX KEYS」

ロジクール「MX KEYS」は、ずっしり!

「へーしっかりしてるう」
開封したときの感想です。

ゲームをするわけじゃないので、そんなにガタガタ打ち込まないですが、キーボードが安定して動かないのは良いです。

キーボードでビニールではなく包装紙を使っているのは初めてでした。
とても丁寧に包装されていて、企業の製品に対する思いが伝わりました。

パームレストと一緒に購入がおすすめ

パームレストは、あると無いと大きく違います。

たかが8mmされど8mm

MX KEYSに合わせて42×64×8mmと薄く作られています。

ほんの少しの手首の角度でも、長時間のタイピングしていると疲れ度に違いが出ます。

背が高いアームレストは、疲れるので避けたほうが良いかと思われます。

Logicool Options 設 定

Logicool Optionsは、ロジクールマウス、キーボード、およびタッチパッドの機能を強化する、高性能で使いやすいアプリケーションです。

ファンクションキーと機能キーが一体の機種は、標準の設定では、Fnキーを押しながらではないと、F1~F12キーが効かないのです。
しかし、ソフトをインストールすることでカスタマイズできます。

別途記述しております。

コピペがワン操作でできるキーボードの設定

あとがき

いつも使っているキーボードと違い
「?!!!」と思うくらいの衝撃がありました。

キーボードやマウスは、パソコンのパーツのなかで最も重要な位置を占めてると思います。

自分が思う少し上の機種を使うと、作業のストレスが変わってきます。
こんなに違うなら、もっと早く変えておくべきでした。
この投資は、無駄でないと確信したのでご報告いたします。

マウスも変えました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください