Windows11裏技50選 クリエイティブ・アート デザイン

Windows 11で「スポット修正」が復活!写真の不要な部分を簡単に消せる?!

Windows 11では、「フォト」アプリの「スポット修正」機能が一時的に削除されましたが、代わりに「ペイント 3D」を利用して写真から不要な要素を削除することが可能です。

詳細な情報は、以下のリンクからご覧いただけます。

しかし、2022年10月にWindows 11のフォトアプリがアップデートされ、「スポット修正」が再び利用可能になっていました。

さて、Windows 11の「スポット修正」がいかほどの修正ができるかを試してみました。

結論から言いますと、狭い範囲での利用には問題ありませんが、広範囲での削除にはあまり向いていないと言えます。

Windows 11の「スポット修正」で写真の不要な部分を簡単に消す

Windows 11では、「フォト」アプリを開いて、編集したい写真を表示した後に、スポット修正を行います。

デスクトップ画面の下部中央にある「スタート」ボタン①をクリックし、「フォト」②を起動してください。

『フォト』を開き、写真を読み込む手順は、環境によって表示が異なるかもですが、簡単に説明します。

USBや他のデバイスに接続している場合、インポートを使用して画像を取り込むことができます。同様に、左側のファイルから「ピクチャ」や保存先を指定して、画像を取り込むことも可能です。

修正したい画像がフォトに読み込めたら修正をしていきましょう。

Windows 11でスポット修正を試す

一番左の「編集」のアイコンをクリックします。

右から2番目のアイコンをタップすると、「スポット修正」が開始される準備が整います。

サイズで「スポット」の修正サイズが調整できます。

Windows 11のスポット修正: 狭い範囲なら綺麗に消去可能

狭い範囲の消去を試してみました。これは綺麗に消せていますね。

Windows 11のスポット修正: 広い範囲はイマイチ

次に、広範囲の消去を試してみました。

しかし、これはダメですね。色が混ざり、うまくいかなかったです。

上記と同じように、左から二つ目のアイコンをクリックして、消したい箇所をポチポチします。

消したい対象は見た目上は消えていますが、完全に痕跡を消すことはできませんでした。

処理の速度はけっこう遅く感じました。

まとめ

今ではAIの技術を使ったアプリがたくさん出てきて、画像から不要な部分を消すのはかなり簡単になりました。

その中で、「スポット修正」はちょっと古い感じがして、亀にブレーキがかかってるのかと思うくらい遅く感じました。

ちなみに「ClipDrop」で不要なもの消去した画像を添付しておきます。

【ClipDropで消去した画像】

爆速で処理出来ました。

なので、おすすめは3Dペイントで処理するか、他のアプリをおすすめします。

-Windows11裏技50選, クリエイティブ・アート, デザイン
-