AIを活用した写真編集が超カンタン!ClipDropで不要なもの消去&背景除去

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります。

今やAI革命!驚くべき技術と共に、私たちの日常を変えています。

ClipDropのAIパワーで写真を編集が簡単に出来るようになりました。

AIの力を借りて写真編集を超カンタンにする、ClipDropは、まるで魔法のツールです!

しかも無料!ただし…。

※無料版を使用する場合、1日に生成できる画像の枚数は最大100枚までです。通常、1回の操作で4枚の画像が生成されることが多いため、簡単な計算で言えば、おおよそ1日に25回の利用が可能です。

最初に、以下の画像で中央の矢印を移動させ、加工前から加工後の画像に変化をスライドさせてみてください。

Photoshop、GIMP、Canva、そしてWindowsのペイント3Dなどを紹介してきましたが、『ClipDrop』は高度な編集スキルは必要ありません。

目次

Clipdropの紹介

ClipDropは、スマートフォンやコンピューターで写真編集を手軽に行えるアプリです。

ClipDropは、下記画像リンクより利用できます。

魔法のような機能は、不要な要素を消去したり、背景を透明にすることが得意。

プロのような仕上がりが手に入ります!

ClipDropを使用するには、クラウドでも利用できますし、またアプリをインストールしても利用可能です。

まず、ClipDropで何ができるかをいくつかの具体的な例でご紹介いたします。

無料版では制限があるため、ダウンロード可能な画像の幅は最大720pxまでとなります。

不要な部分を自然に取り除く  : Cleanup
背景を削除  :Remove background
画像の空を変更  :Sky replacer
手書きの絵を画像に変換  :Stable Doodle
文字を取り除く  :Text remover
類似画像の生成  :Reimagine XL
照明の当たり具合を調整  :Relight

ログインしたページをスクロールすると、いくつかのツールが表示されます。それぞれのツールをクリックすると、以下のような画面が表示され、必要な画像を選んで、そのままドラッグ&ドロップすればOKです。

ClipDropには多くの素晴らしい機能がありますが、特に赤い点線で囲んだ機能は非常に優れていると思います。

背景から被写体を切り抜くサービスは色々あります。有名どころでは「Photoshop」「GIMP」などが挙げられますが、これらのツールは熟練を要し、時間をかけてマスターする必要があります。

一方、AIを活用した背景から被写体を切り抜くサービスの「ClipDrop」は簡単に、しかも速く、素晴らしい結果を手に入れることができます。

ほとんどのことは、ドラッグ&ドロップのみです。

操作は直感的で、編集は簡単に行えます。

各編集画面と、サンプル画像(変更前と変更後)をご覧いただけます。

作業したい画像を選ぶと下記の画像が開きます。

AIが自動で背景を消去:Cleanup

画像の背景を消去したい場合、Remove backgroundのツールを利用します。画像をドラッグ&ドロップすれば、背景が簡単に取り除かれます

AIが自動で画像切り抜き:Remove background

画像内の余分な部分を自然に修正したい場合、Cleanupを活用します。鬼さんが消えてます。

手書きの絵を画像に変換:Stable Doodle

象さんを書いたのですが・・・・・なんか違う。
絵が下手すぎた? (*_*;

画像内のテキストを消去する:Text Remover

AI技術を活用し、画像内のテキストやウォーターマーク(ロゴなどの印字)を精確に検出し、それらを緻密に取り除きます。

「Remove background」でも文字は削除されますが、Text Removerを使用すると、より綺麗にテキストが瞬時に消えます。

今日はここまでですが、後で追加情報を提供しますので、お楽しみにしていてください。

まとめ

ClipDropという素晴らしいAIツールを紹介しました。

これを使えば、画像の一部を消去したり、オリジナル画像を簡単に編集できます。

ドラッグ&ドロップだけで、驚くほど簡単に使えて、ほとんどの場合、プロ並みの編集が可能です。

まだまだアップデートされると思うので、もっと使いやすくなるかもしれません。

AIの画像ツールを試してみると、その素晴らしさに驚かれると思います。

ぜひ体験してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次