YouTubeの使い方 テクノロジーとガジェット関連

もう一度見たいシーンを見逃さずに!YouTubeの動画再生速度をスローにする方法をご紹介

今までブラウザ版でしか利用できなかった、再生速度の変更ができるようになりました。

スポーツやダンスなど動きが激しい動画をもっと細部まで見たい時はゆっくりに、再生時間の長い動画をダイジェスト的に見たいときは速度を上げるなど、いろんな使い方ができます。

※編集して再投稿

再生速度をスローに変えると、ピアノのレッスンでわからない指の動きがみえて重宝します。

YouTubeの速度を遅くする方法

(バージョン12.33以降のYouTubeの場合)

スマートフォンでの操作

右隅の三点メニューボタンをクリック

再生速度をクリック

好みの速度を選ぶ

パソコンの場合

歯車マークをクリック

速度をクリック

速度の選択

たったこれだけ ♪簡単ですね。

教則本のような弾き方をしているYouTubeがあれば、ピアノのレッスンに活用できます。
(先生の中には、邪道だとおっしゃる方もおられるので、譜読みに関しての参考にしてくださいね。)

イメージトレーニングとしてYouTubeの動画を活用

私が試していることがあります。

イメージトレーニングとしてYouTubeの動画を使っています。

■ その1 YouTube再生の速度を遅くして、初見で弾けるくらい何度も聞き、曲を頭に入れる。

■ その2 右手、左手の片手ずつ流し練習をする。(パーツごとに分けてするとベストかな)

■ その3 1音も間違わないで弾ける速度で合わしていきます。何度も何度も。

※ 1音も間違わないで弾ける速度で弾くというのがポイントです。

Invention 3 BWV 774 J.S.BACH Piano Laurent Penalva

バッハインベンション 3番

https://www.youtube.com/watch?v=haB-Ay2J1bI

YouTube動画をより効果的に活用するためのリンク集

ピアノレッスンについて思うこと

バッハ インベンションは、二人で会話しているように弾く。
つまりは、メロディが一人の「話し手」であり、その会話が音楽。

2声インベンションなら2人の会話、3声のシンフォニアなら3人の会話だとイメージして弾く。

これが楽しくもあり、難しくもあり。

「バッハ大先生の頭の中は、どうなっているのか・・・」と最初は苦しむのです。

2時間も弾いていると、なんとも言えない崇高な気持ちになってくるから不思議です。

ピアノは、やっぱり素晴らしいと思う。

※3030

-YouTubeの使い方, テクノロジーとガジェット関連