商品プラグインRinker リクエスト回数が多すぎます/楽天商品検索のエラー解決

ブログ内で商品の紹介に使っていたWebサービス「カエレバ」が2019年1月の仕様変更をきっかけに、商品へのリンクを簡単に作成できる方法をWordpressプラグインの「Rinker」に変更していました。

ところが、Amazonの商品情報は難なく使えているのに、楽天でエラーが発生。


しかし、ちょっとした設定で解消したので記しておきます。

エラー解消/Rinker(リンカー)リクエスト回数が多すぎます。

エラーの発生原因を調べると「原因はエラーメッセージの内容文そのままで、楽天市場の方のサーバーが混雑しているため。
Rinker側から何かできるものではない。」との回答でした。

楽天市場の方のサーバーが混雑…かあ。

秘亭
秘亭

天下の楽天が、長い期間のエラーを放置するわけないもんね。

もしかすると、設定がミスっているにかもしれない…。
確認することにしました。

Rinker設定をチェック

◾️ダッシュボード→設定→「Rinker設定」

ダッシュボードを見ると「 アプリID/デベロッパーID」なる見慣れないものがありました。

秘亭
秘亭

こちらを入力すると、今までのエラーが解消されました。

楽天アプリID取得方法

アプリID/デベロッパーIDを取得しましょう。

下記の楽天ウェブサービスへ移動します。

https://webservice.rakuten.co.jp/

■「アプリID発行」をクリック→楽天にログイン

■必要事項を入力して、一番下の「アプリ作成」をクリック。

◾️楽天に登録の情報が出てきます。

「アプリID/デベロッパーID」も追記されました。

Rinkerより楽天商品情報を検索

◾️ダッシュボード→設定→「Rinker」に上記の「アプリID/デベロッパーID」を入力します。

さて、楽天の商品情報をとってみましょう。

楽天で商品情報が取得できました。

あとがき

Rinkerはしっかり設定しておかなければ、使えないことが多々あります。

商品紹介をする際に、Rinkerのプラグインを利用されている方は、時折、設定を見直しておくとよいかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください