元情報誌スタッフの取材記録と誰かのお役に立てるかもしれないブログです。

振り抜きがよいトアルソン(TOALSON)/テニスラケット

    
\ この記事を共有 /
振り抜きがよいトアルソン(TOALSON)/テニスラケット

テニスは面白い。

昨日、うまく打てたのに今日は同じように打てない。

レッスンのメンバーが違うだけでも同じ事が起こる。

私は、兵庫県加西市にあるアオノテニススクールで、週1のペースで汗を流しています。

アオノテニススクールのご紹介  ↓

//www.himetei.com/aono-tennis/

さて、今回のご紹介は、テニスのラケットです。

今までは、バボラ ピュアドライブを愛用していました。

バボラ ピュアドライブのラケットは、自分の足らない「技術をサポートしてくれる感」があるラケットです。

ところが最近に購入したラケットで、自分のストロークスタイルが変わったのでご紹介します。

TOALSONトアルソン/テニスラケット

購入したラケットは「S-MACH TOUR 300」


スペック

フェース面積    100平方インチ
フレーム長     27インチ
フレームトップ部  23 mm
フェース中央部   26 mm
スロート部     22-23mm

重量  300g
バランス  320mm
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ  2

使った感想

ストロークでは、ヘッドが軽いので回転がかけやすい。
なので、思い切り打ってもしっかり入ってくれる。

アウトが少なくなりました。

男性の力強い球に対しても、打ち負けないのが快感です。

大きく変わったのは、サービス。
回転がスムーズにかかるので、スライスサーブがバシバシ決まるようになりました。

商品紹介

(モデルが古くなってますので、中古しかないですね。お買い得なお値段じゃないですか!)

当時でも、スクールで買うより安いアマゾンの方が安い。

いやいや、コーチが勧めてくれなかったら、出会うことのなかったラケットですからね♪ ラケットは、テニスをする上で、自分の身体の一部となるものですから、値段の高い安いでは、ありません。

ストロークに思うこと

私がスクールに長らく通っているのは、「ストロークが上手く打てるようになりたい!」「フォアハンドを安定して打ちたい!」それが再重視したい事。

もちろん!ポイントを取れるテニスができれば云うことないのですけど。

フォアハンドは、心理的な要因も大きく受けるものと言われています。

プロ選手でもフォアハンドが安定しないとイライラしたり、そのまま試合に負けたりします。

ストロークの事を調べていくうちに、気になる記事を見つけました。

回転の正しいかけ方とコツは、「テイクバックが終わったときに手が打点よりも下にある」ことだけです。これは、腕の脱力さえできていれば出来るはずです。手首も何も使う必要はありません。

フォアハンドに回転をかけるコツは、かけ方の意識の違いにあった!/テニス上達.com

腕の脱力が、出来そうで出来ないんだ。

サービスも腕の脱力ですよね。(最近、これは見えてきた♪)

どこに意識をもっていくか?という視点ですね。
「手が打点よりも下」

今度、やってみよっと。(=゚ω゚)ノ

上手くなる秘訣

私は、「何事もトコトン突き詰めて、自分が好きなことを仕事にしている人」に習うのが良いなあ・・・とつくづく思います。

他人から見れば、マニアックと言われそうな「こだわり」の知識を持っている人。

今習っているテニスコーチは、ラケットの事、テニスの事、体の使い方を熱く語られる人です。

よし!また頑張るぞ  (^^)/

テニス関連の書籍

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright©秘亭のネタ,2022All Rights Reserved.