珈琲の味が変わった!細い注ぎ口の電気ケトル

丁寧に淹れられたコーヒーは味も香りも豊かで美味しく感じます。

そして、プロが使う道具を見ていると、コーヒー用の注ぎ口が細いポットを使っていることがほとんど。

「注ぐお湯の量を一定に保てる」という秘密があるかららしい。

珈琲の味が変わった!細い注ぎ口の電気ケトル

格段に美味しくお家でコーヒーを飲みたい。

コーヒー豆の次に、湯の注ぎ方もこだわってみました。きっと お家のコーヒーも格段に美味しくなるはずです。

ドリップをするときに一番大切なのが、「ゆっくり円を書くように細く注ぐこと」です。こうすることでお湯が行き渡り、豆がふっくらと膨らむことで、コーヒーを美味しく抽出することができます。

コーヒーを淹れるのに最適な電気ケトル

おいしいコーヒーを飲みたい。

最適な電気ケトルの選ぶポイントを抑えてみました。

  • 湯量を調節しやすい細口ノズル
  • 温度調節ができる事
  • 保温機能がついている
  • 容量は0.7〜1L前後
  • シックなデザインが好み

少量のお湯を注ぎやすい細口ノズルの電気ケトルであれば、注ぎ先もコントロールしやすい。

コーヒー豆の種類によっても最適な温度は異なるらしいです。(ここまでこだわっていませんが、プロが仰るので。)

コーヒーのおかわりは必須。保温機能が欲しい。

目安としては1〜2杯分なら0.7L。

3〜4杯分なら1L程度の容量を備えたモデルが良い。料理やインスタントラーメンの調理などにも使う時も多いので、大きめのモデルも検討中。

バルミューダ 電気ケトル ザ・ポット ブラック BALMUDA The Pot K02A-BK

注ぎやすさが研究された、馴染みのよいハンドルと湯切れのよいノズルが特徴。

安全面に優れた「空だき防止機能」や「自動電源OFF機能」も搭載。

山善(YAMAZEN) 電気ケトル 空焚き防止機能 EGL-C1280(BB)

好みの温度でキープできる保温機能が搭載されているのも魅力。

60分間保温できるので、おかわりをしたい方に便利です。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電気カフェケトル 7410JP

保温性が高く安全設計が施された、1.0Lの電気ケトルです。

沸騰の1時間後でも約70℃をキープでき、再沸騰までの時間を短縮できます。

星4つ以上 桜チェック済

桜 やらせ評価をチェックしています。

(例)

美味しい珈琲の淹れ方

抽出の仕方によって味わいに違いが出てきます。
安定的においしいコーヒーを抽出するために、ペーパードリップの基本を押さえておきましょう。

お気に入りのコーヒー豆

バニラマカダミアの甘い香りにハマりました。

あとがき

長時間のパソコン作業には、珈琲は欠かせない。

せっかくなら、喫茶店で飲むようなおいしさを楽しみたいですよね。

コーヒー用に注ぎ口が細いポットに注目しました。

ご家庭でコーヒーを淹れる時も、ぜひ注ぎ口が細いコーヒー用のポットを使ってみてはいかがでしょうか?

お家のコーヒーも格段に美味しくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください