さくらサーバーからエックスサーバーの引っ越しへの挑戦:テスト(その1)

寿限無寿限無

編集したサイトデーターが反映されなくて、作業が中断しておりました。

あわせて読みたい
初心者の挑戦: さくらサーバーからエックスサーバーへの移行、トラブルだらけだったけれども解決した記録 さくらサーバーからエックスサーバーへの引っ越しをお考えの方へ。今ならサーバー移行代行料が無料!

ファイルマネージャーをじ~~とにらめっこ。

あれ・・・もしかて。

アップロードしたファイルの位置がおかしかったです。\(//∇//)\

一つ解決

つぎ!!!

目次

出た!データーベース確立エラー

最終のファイルをアップして、「hosts」ファイルで確認すると・・・表示がすこぶる遅い。

嫌な予感。

サーバー引っ越し失敗
himetei

出てきました。

初めてサイトデータをアップロードした際にできていた自動変換が、「wp-config.php」ファイルに保存されているデータベースの情報を自動的に変えてないようです。

もしかすると、エックスサーバーの「ファイルマネージャー」を使ってファイルをアップロードすると、自動的に変換されるかもしれませんが、FTPソフトを手動で使用する場合は、「wp-config.php」ファイルの書き換えは、手作業が必要なのかもしれません。

こんなこともあろうかと思い、エックスサーバーが自動変換したデータベースをバックアップしており、それを元にして入力すると、正常に表示されました。

エックスサーバーの「wp-config.php」をダウンロードしてメモ帳で開く。

正しい、 【MySQLユーザー名】 【MySQLパスワード】 【MySQLデータベース名】 【MySQLホスト名】 を入力して保存→FTPソフトで、エックスサーバーの「wp-config.php」を上書き。

「wp-config.php」のデーターをアップ!

データ修正は完了…のはず。

表示されました。

himetei

ふうう・・やれやれ。

・・・・・と思ったのもつかの間でした。

最新の記事がアップされていない

最新の記事がアップされていない状況に気が付きました。

サイトデーターには、最新の画像データーがアップされているので、なんかおかしい。

デザインしたのに、そこももおかしいし。

素人の予測ですが、データベースが古い可能性があります。

(後日、最新のデータベースを導入すると、最新の記事が反映されました。)

やってみたこと

  • キャッシュを削除
  • 再ルード(F5)
  • ブラウザを変えてみる
  • 違うパソコンから見てみる

エックスサーバーのサポートのメールには

記事はあるので、個別にインポートする方法があります。

って返信くれましたが、どこからインポートするのかわかりませしぇん!!

技術的にもわかりましぇん!

そして、降り出しに戻る

マジのサイトの移行プロセスの最初のステップから取り組んでみました。

意気込んでたのですが、エラーが改善できずサイトが開かない状況が続きます。

サイトが開かないとアクセスも減るし、アフィリエイト収入も途絶えるかもしれません。

でも、でもこれだけ努力してきたんだから、最後までやり遂げたい。

ここまで頑張ってきたからには、最後まで諦めずに頑張ろう!

[手順]

エックスサーバーで先にあったMySQデーターベースを削除して、新しくデーターベースを作る。

MySQLユーザIDを新しく登録。

さくらサーバーのMySQデータベース(.sqlファイル)をダウンロードして、新しいエックスサーバの新しいデーターベースにインポート。

さくらサーバーのサイトデーターをダウンロードして、「wp-config.php」のデーターベースの書き換えをしてサイトアップ。

(ここでの「ミス」があとの2日 作業が止まってしまった原因なのですが 割愛します)

やっぱりでたエラー

またしてもでた!エラー

「500 Internal Server Error」

サーバー引っ越し失敗

エラーログを取って、そこから「プラグインがおかしい」サポートに教えてもらって、プラグインのリネームをする。

すると…

今度は「データーベース接続確立エラー」になった。

最新のプラグインをダウンロードしてもエラー。

ここまで来ているのに、サポートとも何度もやり取りしても改善せず。

この間 3日。

「データーベース接続確立エラー」は、「wp-config.php」の内容とデーターベースの内容が違うからなのですが

何度見てもわからない。

ココナラで技術者に依頼する

サポートからの返事も止まってしまいました。

パスワードが違っていませんか?みたいなアドバイスのみで、改善しません。

こうなれば、もうお手上げです。

「ココナラ」のウェブサイトで、評価が高いのに低価格の料金を提示されたSE技術者であり、AIプログラムにも熟練しているプロの手を借りることにしました。

すると、ものの15分もしないうちにサイトが復活していました。

早い!

原因は、「MySQLデータベース名」と「MySQLユーザID」が「wp-config.php」の内容と違っていたからでした。私の思い込みで、同じ記述をしていたようです。

似すぎるネームだったので見落としていたのです。

ココナラで依頼したSE技術者から「作業完了しました」というメールが届いた瞬間、後からエックスサーバーのサポートからも同じミスの指摘が届きました。

himetei

もう少し早かったら出費しなくて良かったんじゃね?

…と考えましたが、今回の経験から感じたことは、ココナラで技術を提供している方々は、一般的に非常に優れたスキルを持っている印象を受けました。

中には高額な提案をしている方もいますが、私がお願いした方はとてもリーズナブルでした。

皆さんも困った時は、ココナラでお悩みを解決する方法もオススメです。

この後、3回プラス2つのサイトを移転したので取得できたかと思いました。

しかし、一部は成功しましたが、異なる環境で試すと些細な問題でエラーが発生しました。

やっぱり、サーバ移転は難しいです。

あわせて読みたい
さくらサーバーからエックスサーバーへネームサーバを変更してから反映されるまで:テスト(その2) このページは、サイトの移行が正常に完了したことを確認するためのページです。
あとがき

こんどこそゴールしました。

エックスサーバーのサポートの方々には、ずいぶん辛抱強くお付き合いいただきました。

カスタマイズしたテーマが、ちょっとおかしいけれど

今は、そんなこと気になりません。

→なぜかメインが子テーマになっていた。親テーマも最新にしたら、従来のデザインになりました。

…でついでに、サイトデザインをカスタマイズして、終了。

初めは、ウェブサイトのデータに手を出すことが不安で、高いハードルのように感じました。

しかし、何度も修正を繰り返し、不要なファイルを削除したり上書きしたりするうちに、サイトが正常になっていく過程で自信がついてきました。

これは、私にとって大きな大きな進歩です。

最終、大きく時間がかかってしまったのは「MySQLデータベース名」と「MySQLユーザID」を似た名前にしていたので、何度チェックしても、気が付かなかったからでした。

対策として、「MySQLデータベース名」と「MySQLユーザID」は同じにする方が無難…です。


関連URL

奇跡(軌跡の一歩)

あわせて読みたい
初心者の挑戦: さくらサーバーからエックスサーバーへの移行、トラブルだらけだったけれども解決した記録 さくらサーバーからエックスサーバーへの引っ越しをお考えの方へ。今ならサーバー移行代行料が無料!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次