あなたが辛い時、話を聞いてもらえる人がそばにいますか?

以前、私は派遣のコーディネータの職についていました。

その時のお話です。

あなたが辛い時、話を聞いてもらえる人がそばにいますか?

近年、12月24日にチキンを揚げるお仕事依頼があります。

今年も仕事の依頼が入りました。

クリスマスの贈り物

今年もその日が近づいてきました。

2016年12月24日 19時10分

今、終わりました〜!」

とスタッフよりTEL。

お疲れ様です。
火傷とかしていませんか?

大丈夫で〜〜す ♪

あのね、来年もこの3人でしょうね‼︎って円陣を組んでから帰ったんです。 (笑)」

そっかあ。
気をつけて、帰ってね〜(^.^)

はじめてスタッフから、この言葉を聞いたとき チビっと涙がでました。

スタッフ達が、仲良く楽しんで仕事できたという報告を聞くことは

とてもありがたい事です。

こういう日は、仕事帰りの車のBGMは「山下達郎さんのクリスマス イヴ」。

名曲に酔いしれる時間です。

みなさんは、就業していてどんな悩みがありますか?

派遣のコーディネーターの仕事をしていて、職を求める方に、就業先をご案内しても

「ありがとう」と言ってもらえることは、皆無に等しい。

何故なら、スタッフが就業した先で、何かしらの不都合なことが出てくるからです。

だからこそ、私の仕事は働ける会社を紹介して終わりでなく、「スタッフのお話を聞くこと」がとても重要になってきます。

不安と不満の深さに違いこそあれ、

話を聞いてくれたという状況が〝勤務継続〟の要になるのです。

派遣コーディネーターの大切な仕事

あなたが辛い時、話を聞いてもらえる人がそばにいますか?

仕事に疲れて辞めてしまいたい・・・と思う原因の第1位は

「人間関係」

たった一つのボタンの掛け違いで、人間不信になったり、摩擦を生んでしまうこともありますよね。

仕事や人間関係などで困ったとき、誰かに話をするだけで気持ちが落ち着く事もあります。

私も経験あります。

最近は、私自身も壊れかけているのか、友人にメールする回数が増えてます。

そんな時に私は、呪文のように心で繰り返す言葉があります。

「歩み寄って、引いて・・・歩みよる。

押したり、引いたりしてもダメな時は、いっそ離れてみる。」

とは言っても自分が紹介した先で、スタッフが人間関係に悩んだりするという話を聞くと

責任を感じてしまいます。

だからこそ、このクリスマスイヴの終業報告は、とても嬉しいです。

たった1日だから、上手くいってるんだ…。

と、これを読んで思った方もいらっしゃいますよね。

確かに。

しかし「たった1日」の積み重ねが人間関係を作っているのです。

そして、人間関係を円滑にできる能力は、1日で作れるものではないことを

私は知っています。

あとがき

心が壊れている時は、とめどなく話してしまうでしょう。

それは、聞いてほしいからですよね。

しかし、話を聞いてくれる人を疲れさせてはいけない。

それが、仕事で聞いてくれる人であっても、友人であっても・・・。

度が過ぎると、ご縁がなくなるので、ほどほどにしておきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »