さくらレンタルサーバで安全なWEBサイトを!常時SSL化の試行錯誤から成功へ

あなたのサイトは「常時SSL化」されていますか?
新コントロールパネルになってから、設定しやすくなりましたので記事を編集して再投稿しています。

目次

まだしていないの?常時SSL化/さくらレンタルサーバ

サイト全体を暗号化する「常時SSL化」は当たり前の時代になっています。
管理しているお花屋さんサイトをリニューアルしたついでに「常時SSL化」しました。

2017年10月17日から、無料独自SSLの簡単設置が開始。

※ さくらサーバーは、初期ドメインに限り無料でしたが「独自ドメイン」にも対応するようになりました。

企業や法人からの個人情報の流出事件が、ニュースなどを賑わしている昨今です。個人情報漏洩など、クレジットカード番号、各種パスワードといった重要な情報が、インターネット上では毎日頻繁に送受信されています。

それらの情報を狙うインターネット犯罪は絶えません。
個々で出来ることは、やっておくに越したことはないでしょう。

※ 利用しているWordPressのバージョン、その他のプラグインの競合、サーバ環境によっては、 エラーや不具合が発生する可能性もありますので、テスト環境などで試した上で利用することをお勧めします。 プラグインを導入にあたっては、必ずバックアップをしてから作業してください。 SSLの設定については、自己責任にて導入ください。

※注意 Facebookのいいねなど、SNSのリンク数も「0」にリセットされます。消えると困る方は、あらかじめ必要なプラグインを調べておいてください。

さくらレンタルサーバー無料SSL化の設定

SSLサーバ証明書は、有料が通例でした。
さくらレンタルサーバを使っていれば、「共有SSL」でSSLサーバ証明書が無料で使えます。

※ SSL化するとURLが「http://」から「https://」に変更されるため、いろいろやることが出てくるので時間あるときに編集して下さいね。

SSL化しているサイトと、していないサイトの見分け方

■ サイトのアドレスを見てください・
「https:~」 http の後に「s」が付いていれば、SSL化されていて、保護されたサイトとなっています。

■ 保護されていないサイトは、のドメインの前にある 「〇の中i」をクリックすると・・・。

「このサイトへの接続は保護されていません。」と出ます。

さくらレンタルサーバーで無料SSL化するための設定

それでは、さくらレンタルサーバーで無料SSLを利用する方法を書いていきますね。

必ずバックアップを取りましょう。

私は、データベースのバックアップには、WordpressプラグインのBackWPupを利用しています。

さくらレンタルサーバーで無料SSLに設定

【条件:他社で取得・管理中のドメインを利用している場合】

(※ここでは新規にSSLを設定される方の説明です。)
■ 秘亭のネタのドメインは、ムームードメインで取得しています。

過去に有料のSLLを導入されている方は、少し設定が違いますので、サーバに確認してくださいね。

作業開始!!

さあ!頑張っていきましょう。

■ さくらレンタルサーバ(新)コントロールパネルにログインしましょう。

さくらサーバ新コントロールパネル

■ 「ドメイン/SSL設定」をクリック

■ ドメイン一覧の中に「SSL化」したいドメインのとこの「登録」クリックします。

※ なお、さくらインターネット提供のドメインは使えません。

※使えるようになりました。
さくらインターネット提供のドメインをSSLされたいときは下記記事参照下さい。

さくらサーバのサブドメイン無料常時SSL化が可能!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次