Gutenberg アイキャッチの入れ方が分からない!?

WordPress5.0より編集エディタがGutenbergに変わり、 設定に戸惑いましたので記しております。

アイキャッチとは、投稿ページの一番上に表示される画像のことです。

https://www.himetei.com/wp-content/uploads/2019/10/7UX7vMS1_400x400.jpg

WordPress 4.0までであれば右下へスクロールすればすぐに見つかりましたが WordPress 5.0にアップしたら
「文書」をクリックして下い。

PCでGutenberg でアイキャッチを設定する

アイキャッチを設定するためには画面右の「文書」メニューを使います。

記事編集画面で右上の設定→「文書タブ」→下にスクロールすると
「アイキャッチ画像」があります。

モバイルからアイキャッチを設定する

タブレットやスマホから設定する時は「文書」がパッと出てこないのでわかりにくいですよね。

文書を出すには、右上の歯車マークをクリックしてください。

「文書」と「ブロック」が出てきます。

ブロックをクリックすると…。

カテゴリーの下にアイキャッチの項目が出てきます。

https://www.himetei.com/wp-content/uploads/2019/10/7UX7vMS1_400x400.jpg

抜粋もここにあったよん!探してたのよ〜。

ブログのアイキャッチ画像の必要性と役割

記事一覧のサムネイル画像として表示されるブログも多いので、ブログ全体のイメージ作りに必要です。

ただ、記事冒頭に表示させるかさせないかは自由。

当ブログはWord Pressテーマ「SANGO」を使用しています。またこのテーマは、記事冒頭にアイキャッチ画像を入れるかどうか選択できます。

また、アイキャッチ画像を加工して作りこんでいるので、記事冒頭に入れています。

目を引くTwitterでのアイキャッチの役割

記事を書いただけで、直ぐに読んでもらえるわけではありません。

「記事にたどり着いてもらう」ことを仕掛けてみましょう。

例えば、Twitterや facebookなどでシェアするときにもアイキャッチ画像は登場しますよね。

ただ無意味な無料画像を入れるより、何かしら伝わる画像を入れてみてください。ブログ記事への流れが変わってきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください