元情報誌スタッフの取材記録と誰かのお役に立てるかもしれないブログです。

Gutenberg アイキャッチの入れ方が分からない!?

    
\ この記事を共有 /
Gutenberg アイキャッチの入れ方が分からない!?

WordPress5.0より編集エディタがGutenbergに変わり、 設定に戸惑いましたので記しております。

アイキャッチとは、投稿ページの一番上に表示される画像のことです。

WordPress 4.0までであれば右下へスクロールすればすぐに見つかりましたが WordPress 5.0にアップしたら「文書」をクリックして下い。

PCでGutenberg でアイキャッチを設定する

アイキャッチを設定するためには画面右の「文書」メニューを使います。

記事編集画面で右上の設定→「文書タブ」→下にスクロールすると
「アイキャッチ画像」があります。

モバイルからアイキャッチを設定する

タブレットやスマホから設定する時は「文書」がパッと出てこないのでわかりにくいですよね。

文書を出すには、右上の歯車マークをクリックしてください。

「文書」と「ブロック」が出てきます。

ブロックをクリックすると…。

カテゴリーの下にアイキャッチの項目が出てきます。

抜粋も入れておきましょう

◾️ ダッシュボード全体からみると。

ブログのアイキャッチ画像の必要性と役割

記事一覧のサムネイル画像として表示されるブログも多いので、ブログ全体のイメージ作りに必要です。

ただ、記事冒頭に表示させるかさせないかは自由。

当ブログはWord Pressテーマ「SANGO」を使用しています。またこのテーマは、記事冒頭にアイキャッチ画像を入れるかどうか選択できます。

(2022年6月より変更します。)

また、アイキャッチ画像を加工して作りこんでいるので、記事冒頭に入れています。

目を引くTwitterでのアイキャッチの役割

記事を書いただけで、直ぐに読んでもらえるわけではありません。

「記事にたどり着いてもらう」ことを仕掛けてみましょう。

例えば、Twitterや facebookなどでシェアするときにもアイキャッチ画像は登場しますよね。

ただ無意味な無料画像を入れるより、何かしら伝わる画像を入れてみてください。ブログ記事への流れが変わってきます。



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright©秘亭のネタ,2022All Rights Reserved.