未来を見通す蓮根が美味し過ぎる。

蓮根は、縁起物として正月料理や精進料理に欠かせない食材です。

切り方や加熱方法でいろいろな食感が楽しめます。

シャキシャキ仕上げたいきんぴらは輪切り、ホクホク仕上げたい煮物は乱切りにして、ゆっくり加熱。

すりおろすと、トロッとした食感になり、料理のとろみづけにもなります。
すりおろしの水分を切ると、もっちりした食感にもなります。

 

蓮根パスタを作ってみました。

 

 2014-10-05 11.58.04

 

噛むたびの音が素晴らしいです。

日頃のストレス解消に一役かってくれそうです。

 

料理の下準備

レンコンの下準備は、皮を剥き、大抵の場合は水や酢水に入れて黒くならないように色止めします

特に変色を防ぎたいとき(サラダなど)には酢水の方が良いそうです。
色止めをしたものはシャキシャキとした歯ごたえになるが、しなかったものはモチモチとした食感になります

シャキシャキは残っているのに
  

レンコン「とんかつソース」と合います。
タバスコをほんの少し入れるとアクセントもあって美味しいと思います。

 

 

蓮根料理 色々

 

レンコンの成分に脂質がほとんど無いので、油を使用した調理法と相性が良いようですね。

 

 

 

 

 

 

レンコンの穴は、「未来を見通す」ものと考えて、縁起が良いとされています。

年初めに食して、未来からのチャンスをつかんでくださいね。

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です