Skypeを利用した遠隔地授業を受けた私の感想

新型コロナウイルスが世界中で流行っている今、自宅待機を命じられている方や外出を控えている方はたくさんいらっしゃると思います。

普段、仕事や家事などに追われていると、どうしても後回しになってしまうのが自分の勉強かもしれません。この機会に新たな目標を設定してみるのはいかがでしょうか?

私は、三年前にSkypeを使って、遠隔でパソコン個人授業を受けました。

初めてのリモート学習は、とっても新鮮で楽しかったです。

Skypeを利用した遠隔地授業を受けた私の感想

HTML5やCSS3を学習する目的

学習を受けた内容は、HTML5。

HTML5は、HTMLソース記述書式の最新規格です。

1日6時間 × 2回

【目標】

・CSSを理解することで、メンテナンスが容易にできるようになること。

・ホームページ作成のWordpressのテーマのHTMLの自分好みに修正したり、上手く表現出来なかった部分を修正することができるようになる。

・検索エンジンにヒットし易くなるようにする秘策を学習すること。(SEO対策)

リモートアシスタンス機能を使う

■ 遠隔でのパソコン授業は、Skypeの他に
「先生の使っているパソコン」から「離れた場所にある私のパソコン」を操作することができるリモートアシスタンス機能も使っての授業をうけました。

リモートアシスタンス機能は、文字通りリモート(離れた場所)からアシスト(補助)してもらうことを目的とした機能です。

せっかくなので、パソコン環境を整えました。

Skype(スカイプ)をつかって遠隔授業を受ける前準備

リモート操作でのパソコン教室に感動!

講師は、当ブログにも度々ご案内している山崎先生です。

直に先生と声を交わすのは5年ぶり。
困ったときは、いつもメールでお尋ねしていました。

(私 実は、恥ずかしがり屋なんです。)

「顔は、映らない・・・声だけで大丈夫」

とお聞きしていたのですが
万が一、映った時にと思って念入りにお化粧して
部屋もお片付けしてたら、開始3分前。

さてさて、いよいよ

「Skype for Business」を使っての講座の開始です。

「Skype for Business」は、Office365 の一部として利用できる統合コミュニケーション プラットフォームです。
インスタント メッセージング、音声/ビデオ会議、オンライン会議、リアルタイム コラボレーションが可能になります。

https://www.skype.com/ja/business/skype-for-business/

皆さん!リモートで出来るパソコン教室では、

声だけの授業ですので
すっぴんで大丈夫です。

環境設定に失敗したこと

受け身として、始まる前に確認していなかった大きなミスは、
「相手の声が聞こえるか?」ということ。

パソコンの設定ばかりに気を取られて、声のチェックをしていませんでした。

最初、ディスプレイから音声が出るようにしていました。

先生側のボリュームを最大に上げても、こちらはディスプレイから聞こえてくる音量が足らない。
でもまあ聞こえる・・・。

でも、もうちょい音量ほしい・・・ゴソゴソしていたら

先生「では、始めます!」

・・・・て始めちゃったよ。(笑)
時間ないしね。

ちょっとウケて笑ってしまいました。

初めての授業と先生の声を集中して聞いていたので
さすがに疲れたのか、午前の後半は、ミス入力多し。

そんな時は、リモートでサッと打ち直して下さったときは、「さすが」と感動です。

午後からは、音が出る設定を変えたので
気分が楽にうけれましたよ。

知識と経験豊富な講師による講義

この度の講師は、マイクロソフト認定トレーナーです。
受講して分かったことは、「見えなかったことが分かる」教え方です。

マイクロソフト認定トレーナー (MCT) は Microsoft テクノロジの技術および指導における最上級のエキスパートです。

さすがプロだよな!と思ったところ

■ 使うソフトがマニアック。

本では、入力するソフトを「メモ帳」の指示でしたが、先生が使われたのは、HTML&CSS専用。

■ 予期せぬハプニングもなんその。

まさか、段ボールを台にして、ウェブカメラでご自身の画面を写されていたとは驚き。

リモートでパソコン教室メリット&トラブル編

■ 聞きやすい声の高さ

YouTubeでよくお見かけする「素人様の解説」は、ボソボソの声が多いです。
声って大事。

■ 流 暢

「え~」「あ~」が、全くなかったです。

■ 知識が多いので、例題をたくさん見せてくれる。

説明だけでは「ふ~ん」で終わるところも
実際のメジャーなホームページを紹介しながら、解説なので現実味がありました。

■ 感動するポイントを知っている

人間、変化を体験すると嬉しくなります。
ホームページの画面で、ココが変わると「オシャレだよねー」というお話が面白かったです。

スピーカーを効率よく使うこと

聞こえるということは、ホントに大事です。

設定を整えて
パソコンとスピーカーをつなげれば、
音に関してのトラブルが回避できたのですね。

気が付いたのは、1日目の授業が終わってから。

_| ̄|〇 ガックシ!

でも、スピーカーは
次の授業で活躍してくれるでしょう。

大事なことは、復讐と実践

新しい事を学ぶことは、いくつになってもウキウキします。

課題は、学ぶ一歩を踏み出した後の自分。

継続し、学んだことを生きたものに変えていけるかが大事ですよね。

二回目の講座も楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

講師紹介

PCまなぶの筆者 山崎信悟の自己紹介



Translate »