元情報誌スタッフの取材記録と誰かのお役に立てるかもしれないブログです。

絶品かぼちゃのスープの作り方

    
\ この記事を共有 /
絶品かぼちゃのスープの作り方

かぼちゃのスープは、私の十八番(おはこ)レシピ。

しかし、ホテルのシェフが作るスープはやっぱり桁違いに美味しい!
プロに教えてもらった「かぼちゃのスープを より美味しくする」コツを伝授します。

 

絶品かぼちゃのスープの作り方

かぼちゃのスープを美味しく作るポイント

 

美味しく作る秘密 その1


かぼちゃの皮は、きちんとむく事。

※ 冷凍のかぼちゃでもOK(必ず皮を取ること) 

皮をむかないで煮込むと、色味もドスのきいた黄緑では、食欲も半減します。
キレイなかぼちゃの色が、でないばかりか、味も落ちます。

 

食感も滑らかにするために、キレイに剥いた(むいた)方が良いらしいです。
・・・とは、言ってもかぼちゃの皮は固いし、包丁で手をケガしてもいけませんので適当にして下さいね。
   

 

 

 

美味しく作る秘密 その2

■ 玉ねぎの繊維を切るようにスライスして下さい。
 繊維に添って切ると、甘みがでないので、ザクザク繊維を切るのがよいそうです。。

 

 

美味しく作る秘密 その3

■ 玉ねぎを じっくり炒めることにより仕上がりにコクが出ます。

時間短縮にオーブンを使ってみてください。
簡単にしんなりとなります。

※ かぼちゃのスープを作るときは「あめ色」になる一歩手前まで炒めて下さい。

ドロッとなるくらいで良いデス。

//www.himetei.com/%E7%B5%B6%E5%93%81%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%80%8C%E3%81%82%E3%82%81%E8%89%B2%E7%8E%89%E3%81%AD%E3%81%8E%E3%80%8D%E3%82%92%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AB%E4%BD%9C%E3%82%8B/

 

予熱なし200°のオーブンで加熱の玉ねぎです♪

 

 

材料の目安(4人分)

 

かぼちゃ 500g 
玉ねぎ  1個

牛乳   300ml
水    400ml
コンソメ 固形タイプなら2~3つ
砂糖   1摘み
バター  30グラム
塩    適量

生米  大さじ2

 

 

作り方

 

〇 かぼちゃは、皮をむいておきます。
〇 玉ねぎは、繊維を切るように切っておきます。 

 

【調理開始】

〇 時間単縮するときは、皮をむいたカボチャを角に切って
  耐熱容器に入れふわっとラップしレンジ加熱。

  加熱時間は、100gに対し2分くらいが目安です。(500ワット)
  硬ければ追加加熱をします。

 

〇 鍋にバターを入れて、弱火で玉ねぎをしんなりするくらいまで炒めます。

※ ドロッとなるくらい炒めると、最高においしくなります。

玉ねぎをオーブンで焼いておくと、ドロッとなるのは速いです。 

 

〇 炒めた玉ねぎの鍋に「かぼちゃ・牛乳(300ml)・水(400ml)コンソメ 2~3つ・塩 生米(大さじ2)」を入れて煮込みます。

 


少し皮が…付いてた。

 (._.)

 

 

〇 かぼちゃと米が 柔らかくなったら「砂糖(1摘み)」を入れます。
  この米と砂糖が良い仕事をします♪

〇 煮たった具材をミキサーにかけます。(ステックブレンザーでもOK)

 

〇 お皿によそったら、クルトンや生クリームをかけると、カフェみたいになりますね。

 

 

最後に

最重要なポイントは、玉ねぎを炒めるところ。

コンソメを入れたら、味に締まりがありますが、無くても良いです。

 

かぼちゃの皮は、とにかく固い!!
手軽に作りたい時は、冷凍のかぼちゃを使いましょう。

スープが余ったら、翌日は、スープパスタやグラタンに使うと良いですよ。

アレンジ次第で、料理の幅がグンと広がります。

 

朝食に、スープ一品加えるだけで、ゴージャスになります ♪

かぼちゃの美味しいこの季節、パンとサラダを添えてランチに、または秋らしいディナーと一緒にいかがでしょう。

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright©秘亭のネタ,2022All Rights Reserved.