ピアノ楽譜の表記が出版社によって違うんだね

 

表記が違う楽譜を発見しました。

ピアノ楽譜の表記が出版社によって違うんだね。

ある日、動画サイトを検索していたら、私が使っていた楽譜と表記が違う事に気になりました。

見やすい。

※ 電子音なので、聞きにくいです。

 

この曲は、著作権が切れているので、早速、ダウンロードしました。

(上記のサイトのダウンロードでは、拡張子が[mdf]なので開くには、
別のソフトがいるので、違うサイトからダウンロードしました。

 

自分の見やすい楽譜

 

弾くと同じ音になるのですが ヒヨコの学習者にとって、これは開眼です。

ダウンロードした楽譜は、最初からわかりやすい。

特に、よくミスをするところなどは、

 

 

下の楽譜は、ヘンレ出版と同じ????

間違っていたら後で訂正します。

 

 

16分音符がつながっているのと、離れているのと比べたら
断然、下の方が理解しやすい。

三人で弾いているように弾く、この曲の主旨から云えば
全音楽譜出版社の表記が理に叶っているのですけれど。

 

 

 

楽譜出版会社の選び方

本物の楽譜には、強弱記号は何一つ書いていないのです!

楽譜出版会社の選び方

じゃ~あ・・・ 強弱記号は、どなたが付けたんでしょうね。

 

ある程度の音楽家ならいざ知らず、一般の人はこの曲をどう弾いて良いのか、分からない人は多いはずです。

そこで、出版会社が丁寧におそらくこうであろうという推測を元に、楽譜に強弱記号を書き加えたのです。 (出典:村田ピアノ音楽院)

 

弾きやすい楽譜と弾きにくい楽譜

私の悩みは

年々、音符のおたまじゃくしが、頭に入る速度が低下しています。

抜けるのは、速いんですけれどね。

 

私が今、勉強している「メンデルスゾーン:甘い思い出 Op.19 No.1」は、
家にあった全音楽譜出版社のピアノのための近・現代名曲集」 様式とテクニックが同時に学べるを使っていました。

 

 

 

楽譜を買おう!

全音出版や音楽の友社の楽譜は、リーズナブル(笑)な価格です。

しかし、ピアノを弾いているという自己満足だけであれば 、それでも良いですよ。

ヘンレ版やウィーン原典版の本は、確かに高いです。

しかし、 1冊買えば、何年も勉強できます。

週刊誌や婦人雑誌などは、一度目を通せば部屋の隅に置かれたままになるわけですから

それを思えば、楽譜って安いと思います。

 

あとがき

音楽をされている方の間では、当たり前にご存じの事なんでしょう。

「出版された会社によっては、間違った表記がされている事もある。」

「作曲家の描いた作品本来の姿から、作曲者の意図と外れた楽譜も出回っている。」とは、ありそうですが、作曲者にとってはめいわくな話です。

 

しかし、考えてみれば 昨今のようにコピー機がない時代では
弟子たちが書き写していたのですから、書き間違いがあるのは仕方がない事です。

 

作曲者にとっては、「ふざけるな!馬鹿野郎!!」と云いたいところでしょうけれど・・・(^^;)

私のピアノの先生が演奏会で弾くときは、5~6冊の本を取り寄せて研究されると聞きました。

 

ピアノの奥深さをますます知ることとなった秘亭でした。

Translate »