無理なく楽しめる数字絵の魅力

塗り絵ってこんなに楽しかったんだ!

時間を忘れるほど塗り絵に夢中になれます。

塗り絵の楽しさを再発見

二作目です。

色の構成に惹かれて選んだ作品です。

ここまで出来上がれば、どんな情景なのかが見えてくるのですが・・・。

この作品は、一つ一つの塗るマスが小さくて難儀しました。

色数が多い作品は、塗る数字マス目が小さいです。

数字絵を初チャレンジでしたら、色の数がすくないほうがリラックスして塗れると思います。

ご年配の方にプレゼントされるのであれば、マス目の大きいものが良いかと思います。

注文先は海外多し

数字絵の出会いは、ネット朝日新聞に紹介されていたのがきっかけです。

当時は、国内より送られてきました。

最近は中国、香港から発送がほとんどです。

注文先を選ぶ基準は、レビューも一つの目安ですけれど

商品到着

丁寧な梱包は嬉しいです。

注文してから到着まで約1週間。

ちゃんと届きました。

数字絵

少し湿気た感が在りましたが、気になるほどではありません。

※ 若干のサンプル画と実際到着した絵具と相違があります。

ある業者さんは、梱包されている絵具がまったく 違っていたことがあります。

到着したら必ず、絵と絵具とサンプル画を確認してくださいね。

フレーム(台付き)とフレーム無しがあります。

※フレームありの購入をおすすめします。

ほとんどのサイズが、40×50㎝

左下の絵も40×50㎝とありました。

(到着しました。サイズが残念。)

数字絵をこなしていくコツ

数字絵を描く時は、一度に色んな色を塗っていくのではなく、一色ずつ塗っていくのが上手くいくコツです。

数字絵の絵の具はアクリルなので、乾燥にちょっと時間がかかります。

間違えて縫っても乾かしてから上から塗ると大丈夫です。

数字絵の紹介

※購入のお店は吟味してくだいさいね。

あとがき

自分のために時間をつかう。

色を楽しむ

一筆ずつマス目を埋めていく。

録画した好きな番組を見ながらの

ながら作業が丁度いい。

美味しいミルクティーがあれば最高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください