脳トレとストレス解消/切るだけの「まぜご飯」を作ってみましょう

※525

ウチのばあちゃまは、85才。

土日以外は、自炊しています。

頭は、昔からですがシッカリしています。

皿を洗う、自分の食べたいものを作る。

掃除をする、庭の手入れをするなどの日常的な軽い活動の積み重ねが、全ての脳トレになっていると思います。

 

今日は、美味し過ぎて食べ過ぎてしまった「まぜご飯」の具の作り方を書いています。

実践して頂くと、料理が脳トレになる意味がちょっとだけでも理解して頂けると思います。

 

脳トレとストレス解消/切るだけの「まぜご飯」を作ってみましょう

料理は、身近な脳トレ

 

主婦の方、もしくは自炊をする人などなら、普段から行っている脳トレが「料理」です。

料理で脳が鍛えられることは、学術的な裏付けもあるとされています。

ひたすら野菜を切る作業は、思いのほかストレス解消にもなるのです。

 

秘 亭
指揮者の佐渡裕さんも遠征先のストレス解消は、冷蔵庫の野菜をみじん切りにして、チャーハンにするって仰っていましたよ。

 

 

ご年齢の高い方の「脳トレ」のだけでなくお子様、男性、皆さまに是非やっていただきたいストレス解消法です。

 

身近な脳トレは料理/まぜご飯を作る

まぜご飯の具は、たくさん切る作業です

ひたすら刻む作業は、集中力が入ります。

ざくざくシャカシャカという野菜を切る音も刺激になってよいですよ。

 

美味しすぎて食べ過ぎる「まぜご飯」をつくってみましょう

美味しいです。

美味し過ぎて食べ過ぎます!

別に特別な事していませんが、美味しかった。

 

材 料

私は、隠し味に味噌と砂糖を使います。

それとコクを出す為に、いつもは、ブロイラーと親鶏(ひね鶏)とを使うのですが
鶏の皮を代用したら・・・これが大ヒット!!

新たな発見です。

 

まぜご飯

 

 

混ぜご飯の具にごぼうは、必須アイテムです。

シャカシャカと、少し太めにささ切りにします。

 

まぜご飯

 

里芋は、一度ゆでます。

ぬめりをとる効果があります。

まぜご飯

 

混ぜご飯の具を煮込む時は、水は入れてはダメですよ。

 

まぜご飯

 

油を少し引いて、鶏肉と皮を炒めます。
皮から脂が出るので、油は控えめに。

まぜご飯

 

箸より木べらの方が具が崩れず、混ぜれます。

まぜご飯

 

 

野菜を入れて弱火でコトコト煮込みます。

まぜご飯

 

ホラほら、みてください?

水分がこんなに出てくるでしょう♪

だから、水は入れてはいけないんです。

 

まぜご飯

 

美味しく作る秘密

私は、味付けにだし醤油を使います。

分量は、お米に対しての分量。

だし醤油

お米(ごはん)の10分の1の量が目安。

具を多めに食べたいときは、少しだけお醤油を控えます。
(薄すぎるとダメですよ。ちょっと濃いかなあ??というくらいが丁度)

上の量で20人分くらいはいけます。

味に物足りなさを感じるなら調味料「本だし」を少し入れます。

 

出来ましたあ。

まぜご飯

 

 

たくさん作って保存食に

袋に入れて冷凍すると、「少しだけ使いたい」というとき、ペきっと割って適量を使えるから便利ですよ。

image

 

 

あとがき

一時期、脳トレのゲームやテレビ番組など、脳を鍛えることに注目が集まっていました。

そんな事に頼らず、もっと身近な脳トレがあります

それは、「料理をすること!」

 

男性と比べて、女性は認知症になりにくいといわれていますが、多くの女性が毎日、調理をしているからかもしれません。

お年寄りは、「火を使う」ことの心配や「刃物は危ない!」と大事に大事にしてあげると返って生きがいを取ってしまうことがあるようです。

 

元気で長生きの秘訣は、ストレスをためないことだと、うちのばあちゃまを見ていたら、そう思います。

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください