サイト作成初心者さん必見!Google Maps の APIキー を簡単に取得する

※ 2018.5・15記事内容更新しました。

 

 

サイト作成初心者さん必見!Google Maps の APIキー を簡単に取得する

 

2016年6月22日から新規サイトでGoogle Mapsを使用する場合はAPIキーが必須になりました。

Google Maps の APIキー を取得しましょう。

 

過去に張り付けたGoogleのコードも、キーを取得していないと、表示されなくなっています。

 

googleアカウントでのログインが必要です。

Google Maps API ウェブ向け  ← クリック

 

 

■ 「キーを取得」 をクリック

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

■ 下の「続ける」をクリック

 

 

 

 

■ 「API Consoll」をクリック

 

 

 

■ このキーを使用できるウェブサイト、IP アドレス、またはアプリを指定します。
「HTTPリファラー(ウェブサイト)」をチェック入れます。

 

■  「リファラー」の設定をします
■  サイトのurlを入力します。 「保存」をクリック

 

■ すると 「認証情報」が出てきます。

■ 制限情報を入れたkeyチェックを入れます。

■ 「認証情報を作成」をクリックします。

 

 

■ 認証情報を作成の「APIキー」をクリック

 

 

 

 

■ APIキーをコピーします。

■ 「キーを制限」をクリックすると制限がかり、作成の元の画面にもづるので
コピーしたキーを指定のページに貼り付けます。

 

 

■ APIキーを指定の場所に貼り付けます。
表示したい地図の住所を書き込むとOKです。

 

 

確認してみましょう

■ プラグインのjetpakeをインストールしているとウジェットで「連絡先・マップ」が可能です。
(下記の地図は、jetpakeのデフォルトの地図です。)

テーマによって地図の表示するための設定が違うので、それぞれで確認してください。

※ 注: 設定が有効になるまで、最大で 5 分かかることがあります。

 

 

 

表示されました。 (@^^)/~~~

Google Maps JavaScript API の使用制限について

 

■Google Maps JavaScript API には次のような制限があります。

 

【標準の使用制限】

〇 標準 API のユーザー

マップのロードが 24 時間あたり 25,000 回を超過するまで無料。

従量課金を有効にすると、割り当てを増やすことができます。

無料の使用制限を超過すると、1,000 回の追加リクエストごとに $0.50 USD が課金されます(最大で 24 時間あたり 100,000 回まで)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »