無料のGIMPと有料のPhotoshop画像編集ソフトを使うならどっち?

画像編集ソフトを使い始めて目にするたくさんの言葉や操作方法。

あ!いいなと思った素敵な加工方法や気になった言葉や忘れたくないことを、 “備忘録”的にブログに書き留めておこうと思ってます。

無料のGIMPと有料のPhotoshop画像編集ソフトを使うならどっち?

結論を先にいいます。

GIMPは、画像処理の使用頻度が少なく、これからもあまり使う予定がない人にはおすすめです。基本的な編集機能はPhotoshopに引けを取らないくらい揃っているため、必要なスキルは学べるでしょう。

しかし、多くの画像編集が必要であるとか、 画像を印刷に使うためのものであればPhotoshopを使うべきです。

自分の目標

私は、画像編集にPhotoshopCS2とGIMP2.10を使い分けています。

PhotoshopCS2は、ライセンスが必要です。
つまり、使用してもしなくてもお金が必要。

一方、GIMP2.10はフリーソフトですので、どなたでもパソコンにインストールさえすれば使えるソフトです。

あとがき

後で読み返した時に、気付くことがたくさんある”ブログ”。

自分で記事を書くことで理解できますし、初心者がつまずく部分も書いていくと 誰かのお役に立つかもしれない。

2つのソフトを使って、補正や加工するのにどのくらいの操作の違いがあるのかを調べていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください