【もう迷わない】GeminiとCopilot、ChatGPT どれがおすすめ?それぞれの強み・弱みを比較して最適なAIアシスタントを選ぼう!

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります。
GeminiとCopilotどっちがおすすめ?

近年、AI技術の進歩により、私たちの生活は大きく変化しました。

中でも、AIアシスタント(AI技術)の登場は、仕事や生活の効率化に大きな貢献をしています。

そんなAIアシスタント界に、今、**「Gemini」**という新星が現れています。

「Gemini」は、記事の編集で行き詰まったときに相談すると、面白い切り口の表現を提案してくますのでちょっと注目しています。

ChatGPTはAIの発展に大きな影響を与えました。そして、Microsoftの「Copilot」とGeminiはどんなことができるのか、それぞれの違いは何かを比較してみましょう。

目次

GeminiとCopilot、そしてChatGPTの比較:AIサービスの特徴と選択ポイント

GeminiとCopilotそしてChatGPTは、いずれもAI技術を活用したサービスですが、それぞれ異なる特徴と強みを持っています。

以下、それぞれのサービスの特徴と比較ポイントを表にしたしました。

サービス概要

比較表

項目GeminiCopilotChatGPT補足
提供元GoogleマイクロソフトOpenAI
主な機能情報収集、文章生成、翻訳、コーディング支援コーディング支援、コード生成、ヒント・提案文章生成、翻訳、質問応答
提供形態Webサービス、API、Chrome拡張機能VS Code拡張機能、WebサービスWebサービス、API
価格無料プラン、有料プラン個人向け無料プラン、組織向け有料プラン無料プラン、有料プラン
情報収集×自然言語による質問への回答、検索結果の要約など
文章生成各種文章形式の生成(メール、レポート、詩など)
翻訳×複数言語間の翻訳
コーディング支援×コード補完、コード生成、デバッグ支援など
コード生成×コードテンプレートの生成、テストコードの生成など
ヒント・提案××コーディング上の問題点の指摘、改善提案など
日本語対応完全対応限定的完全対応
利用シーン幅広い用途コーディング作業文章生成、翻訳、質問応答
セキュリティ高い高い高い
創造性×ストーリー、詩、コードなど、独創的な文章生成
ユーモア×面白おかしい文章生成、ジョークなど

その他の比較ポイント

  • チャット機能: Geminiはチャット機能を備えていませんが、CopilotとChatGPTはチャット機能で自然言語での会話ができます。
  • API: GeminiはAPIを提供しており、開発者によって様々な用途に活用できます。CopilotとChatGPTはAPI提供はまだ限定的です。

結論:自分に最適なAIアシスタントは?

  • 幅広い用途に利用したい: Geminiがおすすめ
  • コーディング作業に特化: Copilotがおすすめ
  • 文章生成、翻訳、質問応答に: ChatGPTがおすすめ
  • 創造性、ユーモア重視: ChatGPTがおすすめ
  • チャット機能: CopilotChatGPTがおすすめ
  • 開発者: Geminiがおすすめ

その他の比較ポイント

  • 日本語対応: Geminiは日本語に完全対応。Copilotは日本語対応が限定的です。
  • 利用シーン: Geminiは、情報収集や文章作成など幅広い用途に利用できますが、Copilotは主にコーディング作業に特化しています。
  • セキュリティ: GeminiはGoogle、CopilotはマイクロソフトのAI技術基盤で開発されており、高いセキュリティ水準を誇ります。
最適なAIアシスタント

結局!自分にとって最適なAIアシスタントは何?

あなたにとって最適なAIアシスタントは

  • どのような作業に主に利用したいか
  • どのような言語で利用したいか
  • どのような機能を重視するか

によって異なります。

それぞれのAIアシスタントの無料トライアルを利用して、使い比べてみることをおすすめします。

新たな生成AI向けの大規模言語モデル「Gemini(ジェミニ)」

Bard が Geminiに変更されました。

※「 Bard」とは、Googleが開発した対話型AIサービスです

そして、さらに進化した「Gemini」は、Googleが「全力開発」した生成AIです。

Bard が Geminiに変更

Gemini ウェブアプリにログインする

GoogleのAIサービス「Bard」が「Gemini」に変更されたのは、2024年2月9日です。

名前が変わった理由は2つあります。

  1. 新AIモデル「Gemini」の搭載

Bardは2023年5月にリリースされたAIモデルを使用していましたが、2024年2月にGoogleはより高度な「Gemini」を開発しました。

Geminiは、情報処理能力や文章生成の質、多様なタスクへの対応力が向上しています。この新モデルの性能向上をユーザーにわかりやすく伝えるため、サービス名も「Gemini」に変更しました。

  1. サービス内容の明確化

Bardは単なるテキスト生成AIではなく、様々な機能を持つAIサービスでした。
しかし、「Bard」という名前からはその機能がわかりにくいという声がありました。

「Gemini」という名前に変更することで、サービス内容を明確にし、ユーザーが理解しやすくする狙いもあります。

Geminiは「双子」を意味し、Bardの多彩な機能と新しい高度なAI能力が融合したサービスを表しています。

このように、BardからGeminiへの名称変更は、新しいAIモデルの搭載とサービス内容の明確化のために行われました。

その他

  • 本記事は2024年5月16日時点の情報に基づいています。
  • 各AIアシスタントの機能などは、今後変更される可能性があります。

参考情報

あとがき

私は、今までChatGPT、Notion AI、ラクリン、Copilot、Catchy(キャッチー)など試しました。

ウェブ上でCopiloなどのツールを使って情報を検索し、自分のブログ(秘亭のネタ)が出たら嬉しいですが、他の情報源から収集した情報を使用する場合は、注意深く文章を作成する必要があります。

これがまた面倒な部分があるので、最近は文章修正に「ChatGPT」オンリーでしたが、「Gemini」は面白い切り口の表現を提案してくれるので、良いとこどりで利用してみたいと思いました。

ブログを書くのは時間がかかる作業です。

AIサービスを賢く活用していくのが「ブロガー」としての今後の課題となるでしょう。

AI 生成コンテンツに関する Google 検索」のガイダンス

なかなか難しいところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次