WordPressバージョン 5.0.2–ja のエディタを元に戻したい方へ

ここ最近、忙しかったので、ブログ更新から遠のいておりました。
久しくログインすると、編集画面が変わって、使いにくい。

しばらくの間に、別物になったような感覚でした。

 

WordPressバージョン 5.0.2–ja のエディタを元に戻したい方へ

WordPressは、機能改善やバグ修正、セキュリティ対策のため頻繁にバージョンアップを行っています。

バージョンアップがあると、WordPressの管理画面に通知され更新が促されます。

 

WordPress 5.0(コードネーム:Bebo)が12/6リリースされました。
今回のバージョンは主に新エディターGutenbergPHP 7.3以降についての対応が目玉となっています。

 

いつものごとく、何とも思わず更新していました。

 

ところが、慣れないせいなのか…なんというか。

5.0.2–ja の新しい編集画面は、非常に使いにくい。

 

 

 

 

 

私の信頼している先生は使っておられるのだろうか?
聞いてみました。

 

自己紹介

 

 

先生・・・ご無沙汰しております。
エディタが変わっていて、浦島太郎の気分です。

ここ 、二か月の間に何があったのでしょうか?
とても使いにくいですね。
慣れないといけないのでしょうか?

 

PCまなぶ先生「私は、まだVer.5.0 にアップグレードしてないよ。

現在、ほとんどのテーマが対応していないとのことなので、資料が整うまで半年ぐらい放置しようかなとおもったところだよ。」

 

 

今まで、更新するべきものだと思っていたのですが、そうではないのですね。

 

 

WordPressのバージョンをダウングレードするのも有り?

WordPressのバージョンをダウングレードすれば、エディタが前の様式になる。

http://wp.myafi.net/downgrade/

 

ちょっと今は時間的に無理。

 

プラグインClassic Editor で簡単に前のエディタに戻せる

「元に戻したいです…。何か秘策があるでしょうか?」

 

全て教えずヒントだけ伝えてくれるのが先生流。

PCまなぶ先生「そのままのバージョンでエディタだけ戻せばいい。」

 

エディタ WordPressバージョン」「WordPressバージョン 戻す 

・・・検索・・・検索・・・。

 

Classic Editor

 

 

これだ!!

 

プラグインの「Classic Editor」を入れたらもとにもどりました。

 

 

■ 結論

前のエディタにだけ戻すには、プラグインの「Classic Editor」をインストールしてみましょう。

 

追  記

プラグインの
・Classic Editor
または
・Disable Gutenberg
のどちらかをインストールして有効化してみてください。

以前のWordPressの記事を書く画面に戻ります。

がんばって使いこなす派?もとに戻す派!?

いずれにしろ、2021年までは
旧バージョンのエディター画面はサポートされるみたいです。

ですが、結局は新しい画面を使っていかないといけないなら
今から頑張って使いこなしていくほうがいいかなって思います。

あとがき

WordPressのアップグレードやプラグインのアップグレードは、機能改善やバグ修正が含まれることが多い。

しかし、テーマが対応出来ていないときもあるので、静観が必要なこともあるということですね。

 

今年も年末に師匠に助けていただきました。

ありがとうございました。

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください