黒ビールを飲み比べてみました

ひと言で「ビール」といっても、さまざまなタイプのビールが世界にはあります。

「黒ビールとは?」「なぜ黒い?」「味の違いは?」という疑問もありながら飲み比べてみました。

ギネス・エクストラ・スタウトに美味しい飲み方が書いてあって「お!」と思って、つい!!買ったのがきっかけでした。

 

黒ビールを飲み比べてみました

味は普通のビールと比べるとどうでしょうか。

それぞれの商品で、もちろん違いはありますが、全体的に黒ビールの方が、ローストされた麦芽が香ばしくコクや深みを感じました。

ギネス・エクストラ・スタウト(Guiness Extra Stout、アイルランド)

細かなクリーミーな泡立ちに驚きです。

黒ビール

「ギネス エクストラスタウト」の美味しい飲み方

「ギネス エクストラスタウト」の美味しい飲み方は、先ず冷蔵庫に2~3時間前にいれて冷やしておきます。キレイに注ぐには、注いでから泡が落ち着くまで待つことが大切です。

これが泡のきめ細やさの秘密のようです。

黒ビール

 

 

あっさりした鮎の塩焼きの淡白さと芳醇な香りのビールは合いますね。 

黒ビール

 

キリン 一番搾り スタウト

 

私は、これが好き。

黒ビールの深味がありながらも、後味が軽やか。
飲んでみたところハマりました。

普段は、キリンの淡麗が好きで飲んでいます。

発泡酒と比べると、値段が気になるので、ちょくちょく買えるわけではないのですが、また買ってみたいと思うビールです。

黒ビール

 

ビールは、缶から直接飲むより、グラスで頂く方が 間違いなく美味しいです。

 

 

サッポロ 黒ラベル

「黒ラベル」って書いてあるので、黒ビールかと思いきや!

あれば?違うやん。 黒くない。 

黒ビール

 

スタウトビールと黒ビール 違い

黒ビールとスタウトは、発祥の地が違うそうです。

面白いサイトを見つけました。

管理人さんは「私の血はビール、ささえみです。」

「ビールが蛇口からでたらいいのに」ってどんだけビールが好きねん!ってツッコミどころ満載なタイトルですよね。

 

「飲む?」と「呑む?」

 

タイトルを書くとき、「飲む?」と「呑む?」とどちらを書くんだろう少し悩みました。

液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではない。
酒は液体だが、「酒を飲む」とも「酒を呑む」とも書き、どちらの表記も正しい。 基本的に、液体は「飲む」を使うが、がぶがぶのむこと表す際には「呑む」を使う。
抜粋:違いが分かる事典 より

 

そのほかの色々な黒ビール

 

■ バランスのいい味

 

 

■ まろやかな味わいで、後味がすっきり

 

 

 

■ 少し軽めの黒ビールが味わえます

 

 

 

■ 一般的な黒ビールよりは爽快感が強め

 

 

あとがき

いろいろな種類の黒ビールがあります。

飲み比べには、お好みの料理を用意してワイワイ言いながら飲むのがいいですね。

 

昨晩は、鯛の煮つけをつくりました。

山椒の実を隠し風味に入れて煮付けると、ビールに合います。

魚の煮つけ

 

 

個人的に、キリン 一番搾り スタウトが好きでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください