Creative ステレオスピーカー GigaWorks T20 Series II 2.0ch

GigaWorks T20 Series II 2.0ch

使っているパソコンの音質が、悪いと思ったことはありませんか?

音のこだわりを求めたらキリがないですが、臨場感が味わえるpc スピーカーをつけるだけで、世界が変わります。

私の最近のお買い物ヒット No.3にはいります。

勇者

Creative ステレオスピーカー GigaWorks T20 Series II 2.0ch

CREATIVEは、シンガポールのオーディオ会社で、日本ではI-O DATAと合併。

音質に感動しました。

Creative GigaWorks T20 Series IIはその高音質とパフォーマンスから世界で数々の賞を受賞したGigaWorks T20をベースに、より優れた内部パーツの採用や筐体設計の見直しで音響性能とフィニッシングをリファイン。

製品の仕様

  • スピーカー出力:14W RMS/ch (2チャンネル
  • 周波数特性:50Hz – 20kHz
  • S/N比:80dB
  • 外形寸法:約14.3×8.46×23cm
  • 重量:約2.1kg(ACアダプター含まず)
  • 入力端子:
     ライン入力(ステレオミニジャック)×1
     AUX入力(ステレオミニジャック)×1
  • 出力端子:ヘッドフォン出力(ステレオミニジャック)×1
  • 電源:DC 27V(ACアダプター)
ステレオラインケーブル(左)RCAピンジャック – ステレオミニプラグ変換アダプター(右)

いざ!セッティング

ステレオラインケーブルを繋ぎます。

デスクトップの裏は🎤マイク端子へ。

ノートパソコンの接続端子はココ。ヘッドフォンのマークがあります。

繋ぐと、パソコンがどれに設定するの?って聞いてきますので

「ヘッドフォン」→Ok

機器に詳しい人なら、なんでもない作業ですが音が出なくて

「パソコン音出ない」「pc オーディオ接続」とか検索したりしてとっても四苦八苦しました。

ヘッドフォンつけて完璧!

最初に聞いた音源はクリスマス イヴ

凄く良かった〜!

初期のお値段より、下がってきている今がお買い得。 

映画など見る時、より迫力を求めるならT40をおすすめします。

コスパを考えるならAmazonベストセラーのこちら

あとがき

音楽を聴くというのは、家の中で過ごす時間を快適で豊かにしてくれます。

自宅で過ごす時間が増えることをきっかけに、パソコン周りの充実を図ろうとする人も多いのではないでしょうか?

パソコンのオーディオもその一つに検討されるのであれば、おすすめのスピーカーです。

これで…夜中でもYouTube三昧できるにゃ。

ピアノ伴奏のジャスティン・ポールが最初は心配そうな顔が印象的。

彼は、この映画で音楽チームを任され世に出た音楽家です。

『グレイテスト・ショーマン』 作詞作曲コンビ・パセック&ポールの作曲担当。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »