ふすま張り替えにチャレンジ!ただ今撃沈中

部屋の模様替えしたく、ネットをポチポチしていたら、

「ふすま張り替えは初心者でも十分できます。ぜひチャレンジしてみてください!」

…と言う文言にフラフラっと。

ふすま張り替えにチャレンジ!ただ今撃沈中

もともと不器用な私。

すんなりとは、いきませんでした。

スタイリッシュでモダンな襖紙(ふすま紙)

理想は、こんな感じにしたい。

楽天で見つけたスタイリッシュな襖(ふすま)紙。

まずは、この二枚から取り掛かかる事にしました。

別棟の一室は、自分の部屋にしているので多少いろいろ触っても問題ない。

【用意した物】

小物をケチらない方が良いのですけれど、なにせお初の試みですので最低限のものだけを用意しました。

  • 糊(上右の障子の張り替えに使った薄めてある糊の方が使いやすかったです。)
  • ハケ、糊を入れる器
  • ふすま紙を切るカッターとハサミ
  • ふすまの縁に貼るマスキングテープ
  • 貼ったあと、空気を抜くためのヘラ(専門家は、大きいブラシのハケを使うみたい)

Amazonで道具を揃えた方が安上がりだったかもしれないな〜。

いざ開始!

ふすまの縁に糊がつかないようマスキングテープを貼ります。

取ってを外します。

後で使えるように外したかったのですが…無理でした。

40年以上も使ったふすまは、よく見るとシミだらけですね。

硬く絞った雑巾で、ふすまの表を拭きます。

ここから難しかった

見やすかったYouTubeを参考に取り掛かかります。

ここの所で「貼るだけなら出来そう!」と思ったの。

本来なら、ふすまの表を取り外して、ふすまの下ばりを貼ってから新しいふすま紙をはるようです。

でもね。

簡単な方がいいじゃない。

…と思ったのが誤算でした。

一枚無駄にしてしまった

購入したふすま紙は、糊が必要なタイプでした。

袋入りの糊に水を加えてトロトロにするのですが、なかなか滑らかにならないですなあ。

ふすま張り替え面に糊を伸ばします。

糊がもろもろです。
(大丈夫かなあ・・・)

ココイラあたりで、少し不安になってきました。

張り替えのふすま紙をのせていきます。

端を何度も合わせてから伸ばしていきました。

大丈夫だ…まだ大丈夫だ。

しばらくすると、浮いてる。

おや!!
あれ?

これ…やばいのか?

あ…あかん。

あかんかも。

ゆっくりゆっくり伸ばしてもダメ。

一度浮かせてフワッと置くと一瞬「直った❗️」と思ったのですが時間が経つとボコボコ坊。

秘亭
秘亭

あかん!

糊はやめて両面テープに変更だ。

両面テープを買いにナフコに行ったところで、本日の記述は終わり。

あとがき

一晩置いて例の糊を塗った面をみたら、何事も無かった様に、乾いてピーンとなっていました。

調べると、「糊が乾くときれいに張ってくる」と言う記事がある。

テープにするべきか、糊で再度チャレンジすべきか迷っている所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください