貴重!アレクシス・ワイセンベルク /RCAアルバム・コレクション全集(7CD)

私は、ブルガリアの名ピアニスト、アレクシス・ワイセンベルク[1929-2012]のファンです。

マエストロの関わるCDアルバムは、全て聞いてみたい!

手元に置きたいと思っています。

 

今、レッスン中の「ハイドン: ピアノ・ソナタ第50番ニ短調」が収録されているアルバムを見つけ、早速購入しました。

 

 

 

ハイドンの特徴は、まず、当時の鍵盤楽器の性能、音響効果を知り尽くしている。それを演奏をすべきだ。

抜粋:それぞれの作曲家に対してのアプローチの違い より

 

ワイセンベルクの演奏を聞いて、音響効果の意味を「ここの事か!!」と、わかった次第です。

四分音符の後の八分休符。

ここよ。

これよ!。

 

 

ほんとに、とにかくワイセンベルクの演奏は、凄いの一言に尽きます。

 

アレクシス・ワイセンベルク /RCAアルバム・コレクション全集(7CD)

Alexis Weissenberg – The Complete RCA Album Collection (7CD)

これは、マエストロが1967~1969年にRCAに残したLP7枚分の録音をオリジナル・カップリングで初めてボックス化されたものです。

それに加えて、1950年コロンビアから10インチ盤で発売された「シギ・ワイセンベルク」名前でのデビュー盤が含まれています。

これだけでも感激です。

 

Alexis Weissenberg – The Complete RCA Album Collection (7CD)

 

 インポート物は、そこそこのお値段で買えます。

それ以外は、倍のお値段が付いていました。

 

ボックスは紙ながら、しっかりしたケースです。

 

 ☆ CDの説明書

インポート物です。

当たり前ですが英語でした。

違う…。

ドイツ語っぽい。

 

 

 

 

 

 

貴重な一枚

このアルバムには、ハイドン: ピアノ・ソナタの収録も掘り出し物的です。

さらにショパン: スケルツォ第2番変ロ短調 Op.31も収録されています。

後半は、せつなくなるような和声を歌い上げていて素晴らしいかった。

ソナタは、2番3番はメジャーな録音として世に出ています。

スケルツォ第2番を録音されているCDは、以外に少ないのです。

RCAからドイツ・グラモフォンに移籍したのも関係あるのでしょうか?

 

収録情報

Disc1
プロコフィエフ:
● ピアノ・ソナタ第3番イ短調 Op.28
● 悪魔的暗示 Op.4-4

スクリャービン:
● 練習曲 第11番変ロ短調 Op.8-11
● 左手のための2つの小品 Op9-2

ラフマニノフ:
● 前奏曲 嬰ハ短調 Op.3-3
● 前奏曲 変ホ長調 Op.23-6
● 前奏曲 ト短調 Op.32-12

録音時期:1949年1月、1950年5月
録音場所:ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
録音方式:モノラル(セッション)
原盤:ML-2099

Disc2
ショパン:
● ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op.58
● スケルツォ第1番ロ短調 Op.20
● スケルツォ第2番変ロ短調 Op.31

録音時期:1967年8月
録音場所:ニューヨーク、ウェブスター・ホール
録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
原盤:LSC-2984

Disc3
● ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調 Op.30

シカゴ交響楽団
ジョルジュ・プレートル(指揮)

録音時期:1967年11月
録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
原盤:LSC-3040

Disc4
ドビュッシー:
● 子供の領分
● 亜麻色の髪の乙女
● 喜びの島
● 組み合わされたアルペッジョのための練習曲
● ベルガマスク組曲
● レントより遅く

録音時期:1968年3月
録音場所:パリ
録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
原盤:LSC-3090

Disc5
ハイドン:
● ピアノ・ソナタ第62番変ホ長調
● ピアノ・ソナタ第33番ハ短調
● ピアノ・ソナタ第50番ニ短調

録音時期:1968年7月
録音場所:ハリウッド、RCAスタジオ
録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
原盤:LSC-3111

Disc6
バルトーク:
● ピアノ協奏曲第2番 Sz.95
● 4つの管弦楽曲 Sz.51

フィラデルフィア管弦楽団
ユージン・オーマンディ(指揮)

録音時期:1969年11月
録音場所:フィラデルフィア、タウン・ホール
録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
原盤:LSC-3159

Disc7
ラフマニノフ:
● 前奏曲 嬰ハ短調 Op.3-2
● 前奏曲集 Op.23(全10曲)
● 前奏曲集 Op.32(全13曲)

録音時期:1968-1969年
録音場所:ハリウッド、RCAスタジオ
録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
原盤:LSC-7069

 

 

あとがき

スケルツォ第2番は、今まで気にならなかった1曲でした。

しかし、 ワイセンベルクの演奏をきいて「弾いてみたい」と思いました。

レベル高すぎ君なのでが。

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください