DigiPressテーマのデザインのスマホ表示の不具合はJetpackを疑おう

昨年の夏よりDigiPressでWordPressのテーマを購入して、HPを作成しておりました。

ところがどうしても解決できないことがあって、正式にアップロードできませんでした。

じっくり対処すれば簡単でしたのに、不具合の原因はやはりプラグインでした。

DigiPressテーマのデザインのスマホ表示の不具合はJetpackを疑おう

PCサイトで見たら、普通表示されてるのに、

スマホで見ると、トップページがブログの中に記事用コードが出てしまう。

おかしい・・・。

 

自分では解決できそうもなかったので、デザイン会社に問い合わせてみれば、

「あなたのように困っている人は、他にもたくさんいるので、DigiPressテーマのデザインや設定パターンの
サンプルがセットになったカスタムスキンパックを、本日、一部テーマにてリリースいたしました。」

 

 

秘 亭

聞きたいのはこれじゃないのよ。

設定方法は分かっているんです。

ちゃんと表示しないのですよ。(T_T)

 

ウジェットから設定するDigiPressテーマ

 

■ DigiPressテーマのカスタマイズは、ウジェットから設定します。

 

 

デザイン会社によってWordPressのテーマの編集場所は、異なります。

 

他のテーマに入れ替えたり、テストサイトでテーマを動かしたりしていて・・・・

ふと気づきました。

 

原因は、Jetpackプラグインでした。

 

Jetpackとは

WordPressを利用する上で便利なアクセス解析や問い合わせフォーム、 SNS自動共有など約30種の機能をパックにしたもの。

 

「秘亭のネタ」のWordPressの使用テーマは,OPENCAGEが開発したWordPressテーマを使っています。

プラグインとバッティングが少ないので、アクセス解析が手軽にできることもあり「Jetpack」を入れています。

「Jetpack」は、過去にも相性の悪いテーマで四苦八苦したこともあったのに、切り崩しで確認する作業を忘れていました。

同じような症状でお困りの方

参考にしてみてください。

 

 

反 省

請け負っていたホームページの料金は、すでに前職の会社に入金済。

だからこそ、プラグインの相性に気づいてもっと早く解決するべきでした。

自身で解決できなければ、誰かの助けを乞うべきでした。

結果、先方にご迷惑をかけてしまうことになりました。

反省です。

 

あとがき

9月半ばから11月。

今まで、経験したことのない怒涛の日々でした。

人は、こういうときにオカシクなるのだろうか?

とも思いました。

 

 

 

そして、新しい職場に巡り合いました。

今は、山のように覚えることがあり、やる仕事も日々絶賛増量中です♪

「この仕事も、これも、これも、これも・・・私、好きだわ」とこなしています。

 

当たり前のことを当たり前にこなし

普通の脳回路をつかって仕事ができているからこそ気づいたことが、たくさんありました。

「転職して良かった。」

 

自分が身につけた能力は、思いがけないところで発揮できます。

経験は、無駄なものは何一つありません。

経験は、自分の財産です。

明日から、また新しい能力という財産が増えていくと思います。

そうすることは、毎日を楽しく生きていく糧となると

私は、思うのであります。

 

 

 

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください