レジストリに対する値が無効で画像が開かないときの対処

パソコンさんが最近、とっても御機嫌が悪い。

動画作成の途中フリーズしてしまうことが、多くなってきました。

レジストリに対する値が無効で画像が開かないときの対処

 

暫く待っても回復しない。
キーボードで操作できたので、メニューを表示し、強制終了しました。

ジストリに対する値が無効

 

再起動をかけて、画像を開こうとすると・・・・「レジストリに対する値が無効です」ですって。

 

拡張子.jpgを開く既定のプログラグが何からの影響でクリアされた可能性があります。
既定のプログラムを再設定することで解決します。

 

既定のプログラムを再設定することにしました。

 

■ 開きたい画像を右クリック → 「プログラムから開く」 → 「Windowsフォトビューア」(使い慣れた画像ビュワーを選ぶ)

 

 

 

原因はこれかも

 

■ デスクトップに置いていた拡張子のdpsファイルがなくなっていいました。

復元ソフト使ってもでてこなかったので、「システム保護」をしたり、「回復・復元」とかをしてからこのような表示になりました。

ちょっと、色々やりすぎたからかなあ。

 

 

CrystalDiskInfoでハードディスクの寿命を調べる

 

パソコンが不安定だと、「もしこの作業をしていて、またフリーズしたら嫌だな」と思いながら作業するのは、精神上よくない。

ハードディスクの寿命が来てるのでは??とつい思ってしまう。

 

そなな不安は、解消して気持ちよくパソコンさんを使ってやりたいですね。

「CrystalDiskInfo」というソフトで調べる事が出来ます。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

 

 

インストールしてソフトを起動すると、パソコンの起動回数やエラー回数などから「正常」「注意」「異常」の3段階で確認することができます。

 

CrystalDiskInfo 起動

 

まだ、全然大丈夫でした。

 

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。