YouTubeに動画をアップロード/初心者向け

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります。

YouTube 動画をアップロードしてみたい!有名ユーチューバーのようにYouTubeで広告収入を得てみたい!と思う方は多いと思います。


この記事では、YouTube 動画について初心者向けに画像多めで、パソコンからアップロードする方法をお伝えします。

目次

YouTubeに動画をアップロードする方法

ホームページに動画を乗せるときの、アップロードする手順を記載します。

とっても簡単なので試して見てください。

 

YouTubeに登録します。

 

簡単に言ってしまえば、Googleアカウントを取得してしまえば完了です。

Googleアカウントを取得したら、YouTubeを開いてください。

 

YouTube にログインします

 

Googleにログインしていれば自動的にYouTubeにもログインします。

 

ユーチューブ

 

動画をアップロードしてみましょう

 

ページの上部にある [アップロード] ボタンをクリックします。 ↓

 

ユーチューブ

 

「アップするファイルを選択」をクリック

 

ユーチューブ

 

使用のパソコンからアップロードする動画を選択してから → 「開く」をクリック

 

YouTube

 

アップロードするデーターを選択すると下の ↓ 画面が表示されます

 

YouTube

 

動画のプライバシー設定を選択します

コメントや公開範囲を設定します。私は、コメント承認制に設定しました。

 

YouTube

 

 

「公開」「非公開」の設定

詳細設定をしてから公開にするとよいでしょう。

必要に応じて動画の設定と情報を変更したら、[公開] を選択して YouTube へのアップロードを完了します。

 

YouTube

 

動画の基本情報と詳細設定の編集をしたり、チャンネル登録者に通知するかどうかを指定することもできます。

(このオプションをオフにすると、チャンネル登録者には一切通知されません)

 

07

 

動画が公開されました。

 

YouTubeアップロード

 

削除したい時は、「動画の管理」から設定

 

アップロードしたあと削除したい時は、アカウントの「動画の管理」から削除出来ます。

YouTubeアップロード

 

削除したい動画にチェックを入れて、「操作」をクリックするとプルダウンして削除表示が出てきます。

 

YouTubeアップロード

 

YouTubeアップロード

 そのほか

クリエイターツールの動画の管理から編集ができます。

私は、コメントを承認制にしています。

子供のピアノ演奏などは、いたずらに評価されたくないので
評価のチェックを外してい「動画の管理 → 詳細 → この動画の評価・・・チェックを外す → 保存」

 

動画活用の効果

文書や写真だけだと、どうしても伝えられる情報に限りがありますが、動画なら、動きや音声でいろいろな情報を同時に伝えられます。

 

 

見るものの右脳に働きかけインパクト強く訴えることができます。
右脳に残った情報は、単に活字だけのホームページと違いしっかりと記憶に残ります。なので 動画は「記事コンテンツの2倍」記憶に残るという評価があります。

脳

 

高速で大容量のインターネット回線が普及し、以前に比べて動画の視聴環境が格段によくなりました。動画を使ったホームページで集客を考えられてはいかがでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次