WordPressの表示速度をアップする対策を「お試し中」

WordPressの表示速度が、もっさりと遅いことが気になっています。

 

ページを開くまで時間がかかりすぎてしまうということは、検索エンジンを経由して、ページを訪れた読者がイライラしてページから離脱していかねません。

調べる方法はいろいろありますが「PageSpeed Insights」で調べました。

 

 

秘 亭
Low!だって。

いろいろやってみたことを徒然に書いていますので、「表示速度をアップする対策」の参考にはならないと思います。ご容赦下さい。

 

WordPressの表示速度をアップする対策をお試し中

 

対策の一つWordPressを軽量にしなければいけませんので、簡単な方法から試してみようと思います。

 

画像を圧縮するプラグイン「EWWW Image Optimizer」で画像を圧縮

 

画像を圧縮するプラグインを使いました。

EWWW Image Optimizer」の使い方を参考に設定しました。

 

 

「EWWW Image Optimizer」の設 定

プラグインをインストールしてから「ダッシュボード」の設定から行います

 

 

■ 「なぜたくさんの画像があるんですか?」って聞かれてますね。

秘亭のネタは、できるだけ視覚ですぐわかるようにしたいので、画像をたくさん使っています。

 

 

■ 27048個を画像を最適化開始!

 

 

途中、止まっていたのが気が付かず、丸2日かかってしまいました。

さあ!どうでしょう。

再度、「PageSpeed Insights」に検索をかけてみました。

 

PageSpeed Insightsの表示で確認したところ??

パソコン、モバイルタブに切り替えると、点数が表示され「提案の概要」が確認できます。

■ パソコン版

 

■ スマホ版

 

 

 

うっかりプラグイン試行前のパソコン表示のスクリーンショットを取り忘れてしまいました。

 

 

疑問がいっぱい

得点が高いのは表示速度が早いということであり、逆に得点が低いのは表示速度が遅いということらしいです。

 

秘 亭
目指すべき数値は、80点~85点です。

モバイルの点数は、47点なので、まだまだ改善が必要ということですね。

画像を2日間かけて圧縮したにもかからず、9点ってどういうことなんだろう??

PageSpeed Insights について

 

なぜなんだろ。  (=゚ω゚)ノ

 

 

リティクスの「サイトの速度」

 

リティクスの「サイトの速度」で調べることにしました。

 

■ Googleアナリティクスにログインし、「レポート」をクリック。

「行動」  →「サイトの速度」 の順に選択します。

 

 

速度についての提案レポートを参照してみる

■ 最適化するページの [PageSpeed の提案] 列にあるリンクをクリックします。

「ページの表示速度の分析」 ページが開きます。

 

 

■ ページの改善につながる提案のリンクをクリックします。

■ その提案がサイトに対して表示された理由と、提案の実行方法が表示されます。

 

(先週から本日までの状態を教えてくれます。)

 

 

■ 試しに「修正案 1個」のpowerdirector15-output をクリックしてみました。

2.
/powerdirector15-output/
375
6.56
 
97

 

「EWWW Image Optimizer」で圧縮したのですが、再度 圧縮せよ!と出てきます。

 

 

 

■ もう少し別の記事を見てみることにしました。

すると・・・・速いのもある??

 

スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する

次に

「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」。。。ちょっとギブアップ

 

あとがき

バックアップして方ゆっくりやることにしました。

 

 

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください