全身麻酔初体験の巻 その1

生まれて初めて、入院、手術を致しました。

胸のしこりを取るための手術です。

心配していた悪性ではないのですが、今後悪性になる可能性もあるのし、大きさ気になる。

また、数が多いので取っておいた方が良いだろうという事になりました。

初めての体験は、驚きに満ちていました。

目次

全身麻酔初体験の巻 その1

今まで、入院と言うのは出産くらい。

普段から病院嫌い。

自分のことでは、よっぽどの事がない限り病院には めったに行かない私です。

入院の事は、できるだけ近隣には知らせないことにしました。

入退院も自分の運転で行こうとしていたら、たまたま遊びに来られたら義妹さんが病院に送ってくれる…と言う話を姑様が言ってきました。

「うーん。」

嫌だったんです。

後々、面倒だし。

「自分が世話になる年になってるのに、嫁の世話するなんて……。」ていうのも耳に入ってきて正直!全てから関わりたくなかったのが本音です。

黙って家を出ました。

息子は「お母さんらしいね」と笑ってくれたけれど、姑の嫌味をまた聞くのか・・と、ふと思いました。

旦那様は?…ですよね。

普通、奥様が入院する場合は、旦那様が会社を休んで送ってくれるもんですよね。

仕事があるからと出かけて行きました。

昔からそういう奴です。

自分は、風邪でも大騒ぎするんですけれどね。

付き添いは、必ず必要と病院から言われたので、息子が大学より帰ってきてくれたので助かりました。

患者は、こうなったら、まな板の鯉です。

専門家が集まった病院に入るのですから、何かがあったら諦めるしかありません。

息子も大学生。

自力で解決出来るだけの年頃になっているので大丈夫だよねー。

と気楽に考える事にしました。

いよいよ入院

入院にあたって、準備とか心構えとか看護師さんから説明を受けます。

そして「何も心配する事は、ないですよ♪」と言うのを

手術 直前まで担当の看護師さんや手術の現場看護師さんが何度も言って下さいました。

そして、必要な呼吸法に至るまで丁寧に何度も説明してくださいました。

全身麻酔って10秒で分からなくなるらしいです。

だからと言うわけではないのですが 、さぼって呼吸法の練習はしませんでした  ♪(´ε` )

イヤ、二回はしたような気がする。

三回はした。

入院の部屋について

入院の部屋は、入院が決まってから伝えられます。

同室の方の情報はありません。

出来れば個室にしたいところでしたが、1日 5000円かかります。

短期なので大部屋で良いだろうと1日,1000円の4人部屋の大部屋をお願いしました。

しかし、これが後で とんでもなく大きな後悔になろうとは!

この時は、つゆほど思わんかったのです。

その2へ

あわせて読みたい
全身麻酔初体験の巻 その2 手術初体験の記録です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次