男の料理は豪快に!フライパンで簡単にできる!ローストビーフ

私の超お得意メニューの一つ フライパン一つでできるローストビーフ

O型は、細かいことは気にしてはイケマセン。 

肉は、男の料理だ~。

    ということで、今日のシェフは息子が担当します。  

(2014.夏)

フライパンで簡単にできるローストビーフ

 

ローストビーフの下ごしらえ

 ※ ローストビーフは、安いお肉でもそれなりの代物になりますが、 やはりグラム600~700円くらいのお肉が味が断然いいと思います。

(それ以上高いと、反対にもったいないかなと思います)  

 

1、牛肉に、塩を全面にふってザラザラがなくなるまでよくすり込みます。

ラップでくるんで、しばらく寝かせます。

(10分~30分) 急ぎの場合は、すぐでもいいかもです。

 

ローストビーフ  

 いざ!作るぞ。

サラダ油を熱し、にんにくを入れ香りをつけます。

お肉を焼きます。

両面をこんがり焼き目をつけたらワインを、お肉がつかる半分ちょい上まで入れます。

(ワインは、お手頃のお安い物を使いました) 一緒にお醤油も入れます。

 

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e

お醤油は、創味のつゆがおすすめです。

このつゆは、万能ですね。1000mlで700円くらいです。

イオンでもコープでも売っています。

仕上がりはここで決まります!!

弱火で煮ます!!時間は3分~5分 裏面もひっくり返して。

時折、火が通りすぎて固くならないようにお箸で

グニョグニョして柔らかさを確認しながら煮ます。

 

(それぞれのご家庭の火力は、違うと思うので お肉に触った感見てください。)

ローストビーフ

 

息子「グニョグニは、どのくらい~?まだ~?もういいの~?」 と再三聞いてくる。  

母「ん~。適当。もうちょとかなあ。」  

息子「アバウトすぎるやん。( ̄^ ̄)ゞ

料理番組やったら、視聴者のみなさんからクレームきますよお母さん」

 

などと親子の会話も弾みます。    

 

  蓋をして1時間~寝かせます。

(急ぐときは、アルミホイルでくるんで その間にソースを作ります。  

 

 

冷ましている間にソースを作りましょう

お肉を取り出し お肉をゆでたワイン+醤油を1,5カップ位を半分くらいに煮詰めます。 煮詰めたソースの中にバルコサミ酢とかマーマレードジャムとか    

ちょっと酸味のあるものを足すと「あなたも一流シェフ」と呼ばれるくらいの味にしあがします。

(初めてだと、つい煮詰めてしまいがちになりますが、そんなときは。お肉を煮たワインを足してください。

程よく薄まります。)  

 

あとがき

ローストビーフを作るレシピに香味野菜などを使っています。
使わなくても美味しく仕上がります。

本格的なソースまでささっとできちゃう逸品です。

お肉とお酒と美味しい醤油があれば、たいてい失敗なく作れます。

調味料を凝れば、家庭のローストビーフから一流ホテルの味迄近づけられます。

 

書籍の紹介

 

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください