一眼レフに匹敵する?!iPhone 7 Plusのカメラの凄さ

iPhoneのカメラで写真を撮ったら暗いとか明るすぎる!
という不満があって、使っていないという声を聞きます。

いえいえ、それは違いますよ。

実は、すごい高性能なカメラなんです。

 

iPhoneのカメラの露出補正は、簡単

 

カメラの露出補正と言えば、一眼レフによく使われますが、「iPhone標準カメラ」は、とても簡単で綺麗に仕上がります。

標準カメラを起動させて、焦点に合わせたい所を長押しします。
すると、黄色い正方形の枠が出てきます。

■ 写真をもっと明るくしたいときは、スマホの右端を上にスライドさせるだけです。

 

 

 

 

■ぎゅんと上にスライドさせると、結構な明るさになります。

 

 

明るさのスライダを上下に動かすと、写真全体を明るくしたり、明るさを抑えたりできます。

写真アプリは、撮影してから明るさを調整しますが、iPhoneの標準アプリは、撮影前に露出を考えるという点で
一眼レフっぽいですよね。

 

 

iPhone 7 Plusに搭載されている望遠カメラにびっくり!

 

iPhone 7 Plusに搭載されている望遠レンズ

35mm判換算で57mm相当と言われているみたいです。

 

 

 

この春、息子が大学院に進学いたしました。

大学院では、工学部で応用化学の研究室で学ぶようです。

無機材料学なんちゃらかんとか…って言ってたな。

 

激写すべく、OLYMPUS ミラーレスの望遠レンズを持っていきましたが、
iPhoneの方が優れていました。

 

 

大学・大学院入学式で総新入学生 3400人。

(iPhone 7 Plus で撮影)

 

教授陣が、角帽にアカデミックガウン(式服)姿で登場。

(OLYMPUSミラーレス一眼PEN で撮影)

 

 

「院生は、あっちの方だ。」

ダッシュ  

 

 

前に回って、カメラをズームにして……と。

一人ずつチェック。

けっこう似た子がいるなあ。

(iPhone 7 Plus 少しズームで撮影)

 

秘亭
お~!みっけた♬

(iPhone 7 Plus せいっぱいズームで撮影)

 

帰ってから主人とばあちゃまに見せましたが「わからん!」

この中からわが子を見つけれるのは、母親だからでしょう (*^^*)

 

ちなみにLINEカメラのズームは、これが限界でした。

(LINEカメラ)

 

※ シャッター音が、消せない名とは、動画撮影中にシャッターを切るとOKという手もあります。

iPhone 7 Plusのズーム機能

iPhone 7 Plusのズーム機能は一眼レフカメラなどとは異なり、レンズ自体が動いて焦点距離を変える訳ではありません。

そのため、1倍から2倍までのズーム倍率では広角レンズのデジタルズームになります。

また撮影場所が暗い場合はズーム倍率2倍でもF値の小さな広角レンズのデジタルズームを使うなど、状況によって使用するレンズを選択しているようです。

あとがき

私はカメラが好きです。

これとった写真は、一眼レフとミラーレスを使いまわしています。

しかし、iPhoneで十分なんじゃないかと思ってしまう程『iPhone』のカメラ性能は優れているのです。

 

一眼レフはそれはそれで、魅了されてるカメラなんです。

アプリも機能良いものもあります。

 

使い手の小さなこだわりで、それぞれが楽しむ為のツールなので

決めてしまわず、知っておくことが、いざの時に

シャッターチャンスを逃さないと思うのであります。

 

関連商品

背景をぼかす/写真を綺麗に撮影するテクニック

iPhoneカメラで背景をぼかす/写真を綺麗に撮影するテクニック はコチラか

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。