モランボンの北海道産小麦で作ったコシのあるもちもち食感 餃子の皮

わたしは、自宅で餃子を作る場合、餃子の皮は市販のものを使う事が多いです。

ちょっと皮のこだわってみると、とっても美味しい餃子が作れます。

モランボンの北海道産小麦で作ったコシのあるもちもち食感 餃子の皮

 

皮まで手作りすると、餃子はとんでもなく美味しくなる。さらにタレも餡もこだわるとさらに美味しくなると思います。

でも、そこまでしなくても美味しい餃子が食べたいときは、市販の皮にこだわってみてください。

 

モランボンの「北海道産小麦で作った餃子の皮」は、2種の北海道産小麦を100%使用した餃子の皮です。
包みやすく、コシのあるもちもち食感が特徴です。

 

コシのあるもちもち食感 餃子の皮

 

モランボン 餃子の皮のページ:http://www.moranbong.co.jp/product/detail/id=2879

 

手作り餃子サイト

餃子情報館:http://www.moranbong.co.jp/tuqro/

まさに手作り餃子の皮の触感

モランボンは、焼肉のたれなどを製造する食品メーカー。

餃子の皮、春巻きの皮など業界でも人気商品を作っています。

 

「北海道産小麦で作ったコシのあるもちもち食感 餃子の皮」と定番の「餃子の皮」を食べ比べてみました。

餃子の餡を作ります

たくさんの野菜をみじん切りにするのは、手が痛くなります、ぶんぶんチョッパーを使うと便利です。
あっという間にみじん切りができる調理器具 !

ぶんぶんチョッパーDX デラックスでチョップドサラダを作る

2017.03.03

 

 

 

 

今回参考にさせて頂いたレシピはこちら。
栗原はるみ「豚肉と野菜の餃子」

餃子の餡は、栗原はるみさんのこだわり満載のレシピを参考に作りました。
家にない調味料は、代替品を使います。

 

餃子包みの道具

餃子包みが手慣れている方は、自分で包んだ方が早いです。

小さなお子様とワイワイ言いながら餃子をつくるなら、道具をつかうのもありだと思います。

餃子を美味しく作るポイント

具のひき肉に下味や香味を加えてなじむまでよくもみ込むのが、おいしくなるコツです。

にんにくは、入れると入れないは、うまみに大きな差が出ます。

生だと臭いが強いにんにくは、炒めて使うと、香ばしさも加わってより食べやすくなりますので。

ぜひ、炒めたにんにくを使ってください。

 

実 食 !

家族にヒットしたのは、もちろん「もちもち食感 餃子の皮」のほうでした。

 

餃子たれ秘亭流

たれは、出汁醤油とお酢。

それと、ほんの少しお味噌を加えたものの2種類を作って出します。

もちろんラー油も。

 

 

あとがき

20×2袋   25×2袋  合計 90個 は作ったはず。

主人とばあちゃまと私の3人で完食。

とっても美味しかったです。

 

食感ぷるんとして、まろやかで、風味、コクがある手打ち風の餃子の皮を使うとほんとうに美味しくなるもんですね。

 

関連商品

 

 

 

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.