元情報誌スタッフの取材記録と誰かのお役に立てるかもしれないブログです。

一眼レフを愛する私のカメラ歴

 

私のカメラの記録です。

カメラデビュー

私のカメラデビューは、EOS Kiss(1993年10月発売)でした。

初心者にも使いやすく、小型軽量かつ低価格化を行ったモデル。

CMの影響もありカメラを使ったことのない層を中心に、一眼レフカメラママが増えた時期でもあります。

私の記憶が正しければ 女優の飯島 直子さんがCMされていたように思うのです。

きれいな女優さんが一眼レフ片手に撮る姿がめちゃカッコよくて憧れてしまいました。

当時の液晶モニターは、今では考えられないほど小さかったです。ライターの半分くらいの面でした。

それでも、ちゃんと撮れているかいないか分からない「フィルムカメラ」に比べて液晶で確認できたのでずいぶん助かりました。

子供の幼いときは、これでたくさん撮りました。

EOS Kiss X2

【新機種販売】

カメラをEOS Kiss X2に変えました。

きっかけは、編集の仕事に携わることになったからです。

地元の情報誌の広告の営業、撮影、編集までの仕事は、未知の世界でしたがデザインのイロハを体験した貴重な年月でした。

それに伴い変えたカメラ。

液晶モニターが抜群に大きくなった「EOS Kiss X2」には感動しました。

有効画素数1,220万画素のCMOSセンサー、DIGIC III、ライブビューを搭載のカメラで、仕事の幅も広がりました。

Nikon D5300と Nikon D7200

そして現在は、 Nikon D5300 18-55 と Nikon D7200 。

そして、オリンパスのミラーレス一眼PEN Lite E-PL6が仲間に入りました。

用途によって使い分けていますが、現在は、オリンパスのミラーレス一眼PEN Lite E-PL6の使用頻度が多くなっています。

一枚でも良いワンショットが撮れればいいな♪と思っています。

カメラ女子デビューにおすすめ!!

オリンパスのミラーレス一眼PEN Lite E-PL6

オリンパスのミラーレス一眼「PEN Lite E-PL6」を初めて店頭で手にしたときの感動は忘れられません。

とにかく可愛い。

スマホが普及している今では当たり前の画像編集。

これが撮りながらカメラで確認できるんです。

当時は、最新の機能だったんですよ。(^^)

オリンパス 

オリンパスのミラーレス一眼「PEN Lite E-PL6」(シルバー)

恒例の記念撮影です。

オリンパスカメラ

本体、レンズのほか、標準装備品がセット。
記録媒体(メモリーカード)は、別売りですね。

メモリカード(Transcend SDHCカード 16GB Class10 (無期限保証) TS16GSDHC10E (FFP)とフィルム(Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター) を+購入しました。

カメラの大きさですが、手のひらに乗る大きさです。

ミラーレス一眼だけあって本当にコンパクト!
めちゃくちゃ軽いです!

これは軽い。ミラーレスなら気にならないくらいの重さです!

女性が好きそうなパンフレットにテンション上がります。

IMG_020011

IMG_02021

扱いやすさは、カメラ女子デビューにおすすめです。

オートでも綺麗に取れるので、入門向けに最適だと思います。

少し良いカメラがほしいなぁと思ったら間違いなくオススメです。

ミラーレスの特性

いつでもどこでも持ち運べるサイズ感でいろいろ撮りたい、楽しみたい方におすすめ

ミラーレスはセンサーサイズが小さい分、レンズや本体がコンパクト化で持ち運びしやすい!
コンパクトカメラみの様な簡単なボタン配置でかんたんに撮れる
フィルター機能など多種多様で楽しめます!

ボタン/ダイヤル数が増え、それぞれにダイレクトな役割があるのでイメージ通りの写真が撮りやすい。
レンズのバリエーションも豊富で、様々な用途に対応出来ます。

やっぱり持ちたい一眼レフカメラ

ミラーレスのほうが機動力は上なのですがやはり,ファインダーを覗きたい。

EOS Kissから卒業してニコンD5300へ変えました。

「Nikon D5300」はNikonの一眼レフカメラの中ではエントリー向けのカメラです。

私が、たくさんの種類がある中でこのカメラを選んだのは、何と言っても音。
ファインダーを覗いて「カシャ」っと撮る感覚がたまらなく気持ちよいですね。

それから、「軽い」というのも決め手となりました。

カメラはいつでも持ち歩きたいので軽いにこしたことはありません。

一眼レフというと、かなり重いものをイメージしますが、このD5300は本体だけで「約480g」です。500g未満のは、重さは478giPad Air」、「iPad Air 2」が437gですから、本体の軽さが分かりますよね。

ずっと持ち歩いていても全く苦にならないのはありがたいです。

附属レンズ

■ AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II

■ AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II

中級モデルのD7200

最近、中級モデルのD7200も購入しました。

スロットが二枚あるので、絶対失敗できない撮影の時は二枚のカードに保存できるので安心です。

標準レンズと望遠の付け替えがいらない高倍率ズームレンズ。

ちょっと重たくなったけれど、シャッターチャンスを逃したくないもんね。

レンズに変えました。

そして、フラッシュをつけた事で撮影の幅が増えたようにおもいますおもいます

暗いとことでもきれいに撮れて感動しました。

東洋大・甲斐野央君ソフトバンク1位指名!パパと母ちゃまの長い一日

あとがき

一眼レフカメラは、撮りやすさ重視で、自分の撮りたい写真が出て来たときにおすすめです。

センサーが大きい分、ふんわりした雰囲気写真が撮りやすくなります。

スマホのカメラはかなりの高画質でとれるし、何よりも簡単手軽です。

でも、一眼の方がキレイに写真が撮れるし、何よりも自分の満足感が半端なく高くなるので

私は、一眼レフを愛してやまないのです。

Copyright©秘亭のネタ,2022All Rights Reserved.