ファインダーをのぞいた時ぼやけたら視度補正調整/NikonD5300

私は、いつもは、メガネをかけてカメラを使うことがほとんど。

コンタクトをしてファンダ―をのぞいた時、ぼやけて上手く撮れているか不安で、この設定に気が付いたしだいです。

初めて一眼レフを入手したら、この設定を覚えておくのが基本らしいです(^^;)

ファインダーをのぞいた時ぼやけたら視度補正調整/NikonD5300

調整の方法

とっても簡単です。

ファインダーをのぞいた時に、下の数字がぼやけているときは、視度補正調整のダイヤルをクルクル回して
自分の目に合うように調節してください。

 

 

● 近視の方は、「-」(マイナス)
● 遠視の方は、「+」 (プラス) に回す。

視度調整機能 -4.0~+4.0m-1 (ディオプター)で調整ができます。

 

■ ファインダーをのぞいた時、したの数字がハッキリ見えるように調整します。

 

 

■ オートフォーカスを使用の場合

オートフォーカスを使っているのであれば、視力とはあまり関係ありません。

見えにくい部分はあるでしょうが、
ピントはカメラがやってくれています。

撮影するときにぼやけて、PCの大きな画面で見るまで「写真がぼやけているかどうか分からない。」というのもカメラを撮る時の楽しみが半減します。

カメラと共に被写体に向き合いたいですね。

 

■ マニュアルフォーカスを使用の場合

マニュアルフォーカスが多いのなら、視度調整を
キチンと調整しておく事をおすすめします。

 

 

はっきりと見えるファインダーを通して自分の目で被写体を見る。
ファインダーの見え方をベストな状態にしておくことが、カメラを楽しくすることにも繋がりますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください