元情報誌スタッフの取材記録と誰かのお役に立てるかもしれないブログです。

恐怖のメッセージ「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」を復旧する

    
\ この記事を共有 /
恐怖のメッセージ「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取るこ...

私が一番困った出来事でした。この記事にご訪問頂いた方に、少しでも参考になればと詳しく書いております。

当初の記事を書きましたのは、2017年の冬。
手直しをして再投稿しております。

※なお、状況がそれぞれ違うとおもいますので、自己責任でお願い致します。

ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません

ファイルまたはディレクトリが壊れている

恐怖のメッセージを呼んでしまいました。

「アクセスできません」

データをまとめているHDDから、予備のHDDにファイルをコピー中に電源が落ちました。
エラーのメッセージがでて、アクセスすらできなくなりました。

クライアントの登録情報は、別の所に保存しているのと、 だいたいの画像は、「Googleフォト」にアップしていたので、
半ば あきらめる方向でいましたが・・・・ある写真集が消えていることに気が付きました。

ダメ元で色々調べ、チャレンジャーしました。

結果・・・・復活しました。
「イェイ!!」

非常にうれしいかったので、ご報告がてら試した事を記しておきます。

イェイ

 外付けHDDのデータ損失及びその復元方法 チャレンジその1

「外付けハードディスク、復活、フリーソフト」で検索したところ、 下記のページにたどり着きました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

外付けHDDのデータ損失及びその復元方法

↑ ソフトをダウンロードして試みました。

説明通りにHDDの位置を示すと インストール何やら中身を探しています。

すると、ファイルが表示されました。

外付けHDD用のデータ復元ソフトを使ってデータを回復

データファイルが多かったので、1時間くらい待ちました。

「復活」の文字に一瞬心躍りましたが 「データを見つけたよ。復活させたいならソフトを買ってね」・・・という表示。

何が何でも困っていたら、ここで注文していました。

ダメ元でチャレンジしているので、お金がかかるなら、別の方法を探すことにしました。

(※ 業者にお願いすれば3~5万円くらいってとこかな?  内容によっては、もう少しいる??)

外付けHDDのデータ損失及びその復元方法 チャレンジその2

コマンド

https://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/ff603646.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396

コマンドプロンプトしてエラーを検出し修復する

それではいよいよ修復です。

コマンドプロンプトを起動させます。
コマンドの出し方を書きました。

https://www.himetei.com/コマンドプロンプトを起動する方法/

チャレンジ!

コマンドプロンプトを起動させ、「 chkdsk  *: /f 」を入力。

「入力エラー」「入力エラー」・・・ 「入力エラー」

・・・・しばし悶絶。

まちがいを発見!

「chkdsk  *: /f  「*」にドライブを入れる」

ここでの作業では修復するドライブKであれば「 chkdsk  k: /f」と入れます。

「Microsoft Windows server」でチェック ディスクのオプションとスイッチを調べる。

私はHDDを 「g」に接続していたので

「 chkdsk g: /f」 と入力
 

※半角に注意

動いてる??

すると・・・動き出しました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

お!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ドキドキ

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ドキドキドキドキドキ

%e7%84%a1%e9%a1%8c

お~!きたあ!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

終わったようなので、閉じてみました。

「G」のHDDをクリックすると、ファイルが見えました。

どきどき

%e7%84%a1%e9%a1%8c

[続行]をクリックすると、このフォルダーへの永続的なアクセスを取得します。

「続行」をクリック

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ファイルの中の画像がでてきました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

やれやれです。

教 訓

 ハードディスクを扱うときは、電源の確保をしよう。

復活したら、新しいハードディスクにコピーしておきましょう。

たくさんのコメントをありがとうございます。

自分も困ったときに助けていただいた記事のお返しという気持ちで、
できるだけ詳しく分かりやすいように、画像などをたくさん使って書いております。

データーが消えたとき、「ギュン」と体が冷たくなられただろうと思います。

拙文でありますが、誰かのお役に立てれば嬉しく思っています。

データ修復ソフト

こちらのソフトは無料体験ができます。

定評あるデータ復元ソフトEaseUS

ハードディスク&携帯便利 ポータブルHDDケース

HDDは衝撃に強くないようですね。
SSDに変えようかとおもう今日この頃です。
私は持ち運びには、ケースに入れるようにしています。

持ち運びに便利 うすい外付けハードディスク&携帯便利 ポータブルHDDケース

え!?5つでこの値段??

Amazonギフト券現金チャージがお得!

現金でチャージするとポイントが貯まります!

まとめてチャージすると さらにポイントアップ

※※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率です。

Comment

  1. yuriusu より:

    デバイスが認識されず大変困っていましたが
    コマンドプロンプトにて修復出来ました。

    ありがとうございました。

    • himetei より:

      修復できて、良かったですね。
      コメントありがとうございます♪

  2. くろ より:

    今更・・
    まったく同じエラーで目の前真っ暗でこちらのサイトにたどり着きました。
    checkdiskで復旧できました。感謝です!

    • himetei より:

      コメントありがとうございます。
      安堵の様子が伝わってきました。
      復旧できて良かったですね。

  3. 千年原木難民 より:

    コマンドプロンプトのほうで修復できました!
    何かデータの欠落があるあかなーと思いましたが、
    今のところ欠落は見受けられません。
    去年1年分のすべての仕事データがアクセスできない状態でしたので
    とても助かりました……!

    • himetei より:

      コメントありがとうございます。
      1年分のすべての仕事データにアクセスできなかったとき
      驚かれたことと思います。
      データが復旧してよかったですね。

  4. pomu より:

    こんにちは
    パソコンど素人ですが、こちらを見ながら修復できました!!
    ありがとうございましたm(__)m

    • himetei より:

      修復できて良かったです。
      コメント頂けて嬉しいです。

  5. Daimon より:

    会社の大事なHDが復活しました!
    本当に助かりました、有難う御座います^^

    • himetei より:

      会社のHDが復活してよかったです。

      コメント頂きありがとうございました😊

  6. luoyang1093 より:

    助かりました。フリーソフトでさんざんやったのですが時間の無駄だけでした。こんなに簡単にできるなんてびっくりです。知らないのは自分だけかもしれませんが感謝です。

    • himetei より:

      私も調べて調べてたどり着いた方法です。
      お役に立てて嬉しいです。

      コメント頂けてとても嬉しいです😊

  7. 清水義隆 より:

    2019.08.03 コマンドプロンプト方で、アッサリ修復出来ました。
    諦めていたので、大感謝です、ありがとうございました。

  8. AIARUYASAI より:

    すごいね!
    私にはチンプンカンプンだけど。

    頼りにしています♡

    • himetei より:

      「秘亭のネタ」のスタンスは、自分が困って、調べて解決できた過程を書いています。
      分からないことは、まず自分で調べるクセがつきましたよ。

      もっと広く浅く記事にしていくと、「元情報誌スタッフの取材記録と誰かのお役に立てるかもしれないブログ」が生きてくるんではないかと思いかけています。

  9. TERA より:

    この方法でやったら直りました!
    本当にありがとうございます!
    大事なデータがいっぱい入っていたので・・・

    • himetei より:

      コメントありがとうございます。
      お役にたてて嬉しいです♪

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright©秘亭のネタ,2022All Rights Reserved.